2006年9月に高齢初産で男の子を出産しました。 ぼちぼちと育児日記を綴っています。2008年1月と2月は絵日記もちょこっと。
【1~4週の母体】
2008年01月06日 (日) | 編集 |
この妊娠初期段階にも、あなたの身体は重要な変化をとげています。

心臓、循環システム
妊娠初期の数週間、あなたの身体はより多くの酸素や栄養を赤ちゃんに運ぶために血液を増やし始めます。血液増加は、妊娠によって莫大な血液循環が求められる最初の12週に最も多くなります。妊娠後期までに、体内の血液量は30%~50%増加します。この時期に普段よりも多くの水分を補給することは、あなたの身体がこの変化に対応するのを助けてくれます。

この血流増加に順応するため、心臓はより強く、早く血液を送り始めます。脈拍も多くて15拍/分早くなるかもしれません。

これらの劇的な変化は、すでに妊娠の徴候を表しているかもしれません。例えば、疲れやすくて湯食後すぐにベッドに行きたくなるとか、昼寝をしたくなるなど。疲労を感じたら休むようにしましょう。


妊娠初期の徴候のひとつは、胸の感じで分かります。感じやすい、ちくちくする、痛い、充実したかんじ、重い、などの感じがするかもしれません。既に胸や乳首が大きくなってきているように思うかもしれません。

エストロゲンとプロゲステロンの増加に刺激されて乳腺が発達するにつれ、妊娠中を通して胸は大きくなります。乳輪が大きく茶色くなるのに気付くかもしれません。これは血液循環の増加と色素沈着した細胞の成長によるもので、(妊娠後も)ずっと消えないこともあります。

子宮
妊娠4週目に入って、子宮も変化し始めます。内膜は厚くなり、成長する赤ちゃんに栄養を送るために子宮内膜の血管も拡張されてきます。

子宮頚部
子宮頚部は柔らかくなり始め、色も変わってきます。最初の妊娠確認検診の時、担当医はこの変化を調べるかもしれません。
 
(MAYO CLINIC GUIDE TO A HEALTHY PREGNANCYより翻訳)

~・~・~・~・~
4週目というと、自覚症状はほとんどなかったけど母体はどんどん変化していたのですね。

確かこの時期あたり、最初の妊娠テスターを使ってみて陽性だと気付かずにその後部屋のペンキを塗ったり寒い中重い雪をスコップで運んでかまくらを作ったり、かなり無茶していました。知らなかったとはいえ、なんと無謀な・・(汗) 何事もなく無事に育ったこの子(あー坊)は、きっとかなり強い子なのでしょう。

胎児のようすや母体の変化、初期の頃も少しずつ翻訳してゆきたいと思います。(亀の歩みで・・)


【5~8週の母体】>>

※【5~8週の母体】はまだ書いてません。次の記事はこちらになります。
【17~20週の母体】>>
テーマ:マタニティライフ
ジャンル:育児
【39週目の胎児】
2007年11月07日 (水) | 編集 |
■この週までに、胎児の皮膚を覆っていた胎脂と胎毛はほとんどなくなりますが、誕生の時その痕跡を見ることもあります。

■胎児はこの頃、(少々母親の助けがありさえすれば)体温を保つのに充分な皮下脂肪を蓄えています。誕生時の健康的でまるまるとした赤ちゃんらしい見た目はこの脂肪によるものです。

■身体の成長が追いついてきたとは言え、一番大きな部分はまだやはり頭部です。そのため、頭から生まれてくるのが一番良いのです。

■付け加えて言うと、この週胎盤は引き続き胎児に抗体・・バクテリアやウイルスから守るのを助ける蛋白性物質を供給し続けます。これらの抗体は、出生後6ヶ月間赤ちゃんの免疫システムが感染をくい止めるのを助けてくれるのです。このうちのいくつかの抗体は、出産後母乳によっても供給されます。

■39週までに、胎児の体重はおよそ7パウンドから7.5パウンド(約3200g~3400g)ですが、この頃になると赤ちゃんによる個体差がとても大きいです。39週の赤ちゃんの体重が6パウンドから9パウンド(約2700g~4100g)というのは普通です。

(MAYO CLINIC GUIDE TO A HEALTHY PREGNANCYより翻訳)

~・~・~・~・~
この頃は確か、胎児(あー坊)も大分下がってきてて、子宮口も少し開いていました。座るときも腿の上にお腹をどっこらしょ、と持ち上げて置いてたなあ。。ああ、懐かしい。

ところで、これから出産を控えていらっしゃる皆さんにちょっとだけアドバイスをば。

よく言われているように、赤ちゃんが生まれてきたら半年は家のことや自分のことは何も出来ないと思っていて間違いないです(私の場合は14ヶ月の現在も・・汗)。

まだ身軽なうちに(身重ですが)出来ること・・

例えば、家中の整理整頓、出産後のご飯の準備(おかずを作りだめして冷凍しておくと便利)などは出来る範囲でやっておいた方がいいと思います。

それから授乳する場所を作って、自分の周りの手の届く場所に何もかも揃えておくと便利だと思います。(クッションや枕を沢山、コップや小物などを置く小さなテーブル、タオルやガーゼを入れるカゴなど)

私は自分たち夫婦だけだったので特に「ああ、出産前にあれもやっておけば良かった、これも準備しておけば良かった・・」と後悔する事が山程ありました。

「出産してからぼちぼちすればいっかあ」

というのは大きな間違いでした!(笑

もう、うちなんて「出産後に掃除しよう」と後回しにしていた状態がそのまま1年以上・・(・∀・;)

この時期あたり、お医者さまから「陣痛をつけるために動くように」と言われている方は、もうどんどん掃除とかしちゃって下さい(笑 

でも安静を言われている方は安静になさっててくださいね。



<<【38週目の胎児】【40週目の胎児】>>

テーマ:マタニティライフ
ジャンル:育児
【38週目の胎児】
2007年11月07日 (水) | 編集 |
■これまでの数週間、胎児は内蔵をつくること以上に機能を向上させる発達をしてきました。脳や神経システムの働きは日毎よくなってはいますが、この発達は子供時代・・十代後半までも続きます。若年時の薬物やアルコール使用が、外見の変化はなくても深い所でダメージを与える危険性があるのはそのためなのです。

■この月、胎児の脳は呼吸や消化、正常な心拍、食事というとても難しい仕事をこなす準備をします。

■38週目の胎児は、体重約6パウンド13オンス(約3kg)、CRLは約14インチ(約35.5cm)です。

(MAYO CLINIC GUIDE TO A HEALTHY PREGNANCYより翻訳)

~・~・~・~・~
これを書いているのは出産1年2ヶ月後。

37週目まで書いて力尽きてしまって(笑 ずっと気になっていたのですが、肝心の本がどこかへいってしまって・・ずっと探していたものを今日やっと見つけたのです。

38週目というと、「今日生まれるか、明日生まれるか」と毎日心待ちにしていた頃です。お腹も相当大きく重くなって、歩くのもやっとでふうふう言いながら散歩に行っていたのを懐かしく思い出します。

今妊娠中のみなさん、もうすぐベビーちゃんとご対面ですね。あともう少しです。がんばってくださいね!


<<【37週目の胎児】【39週目の胎児】>>
テーマ:マタニティライフ
ジャンル:育児
【37週目の胎児】
2006年08月10日 (木) | 編集 |
■この週の終わりには、胎児はfull-term(正期産)となります。まだ完全に成長したというわけではありませんが、体重増加は0.5オンス(約15グラム)/日と減少してゆきます。脂肪が蓄積されるにつれ、胎児の身体はだんだんと丸くなってきます。

■出生時の体重は、性別によっても違うようです。同じくらいの妊娠期間でも、男の子の場合は女の子よりも少し体重が重くなりがちです。

(MAYO CLINIC GUIDE TO A HEALTHY PREGNANCYより翻訳)

~・~・~・~・~

日本だと37週~41週が正期産となっているみたいですが、こちらでは38週~42週がfull-term『いつ生まれてきてもオッケー』となっているみたいです。国によって正期産も違うのはおもしろいです。


<<【36週目の胎児】【38週目の胎児】>>

テーマ:マタニティライフ
ジャンル:育児