2006年9月に高齢初産で男の子を出産しました。 ぼちぼちと育児日記を綴っています。2008年1月と2月は絵日記もちょこっと。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
両親学級
2006年06月07日 (水) | 編集 |
【27w6d】

昨夜は、夫といっしょに『初めての出産のための両親学級』に行ってきました。
毎週月曜日の午後6時半から9時までの5回コースです。

実は私が出産予定の病院は、このクラスが満席で(月曜~金曜までのクラスも、週末集中コースも全て空きなしだったのです)、もうひとつのバックアップ病院であるこの病院での参加になったのです。

ここは世界でもトップ100に入る病院で、もしものことがあった場合、こちらに搬送されてくる可能性もあるし、私の病院が満室だった場合はここでの出産・・ということもあるので、結果的には両方に親しめるという点では良かったです。
両方の病院のツアーに参加できるし。

参加者は14組中、2組を除いて夫婦での参加で、ほとんどの人が8月中旬~9月中旬にかけての出産予定。

同じくらいの月齢の妊婦さんを一度に見比べるのは初めてだったので、おもしろかったです。

ほとんどの人がおんなじくらいのお腹の大きさ。
ほかの妊婦さんのブログで拝見する写真と比べると・・やっぱり西洋人はおなか、おっきい・・。みんなやせてるのに、それなりに『ぽーん!』と大きいでした。日本の病院だと間違いなく全員『体重管理』の赤丸チェックが入りそうです。やっぱ、人種の違いなのかな。

さてさて、初日の内容は、

・妊娠に関する一般的なインフォメーション
・解剖学的、生理学的な見解
・妊娠の危険サイン
・自己紹介
・早期出産
・出産のサインと分娩第一期
・リラクセーション・テクニック(腹式呼吸の練習)

という流れでした。

内容は、ほとんど皆さんご存知の内容だと思うので省略しますね。

ひとつ、知らなかったことは、
『脱水症状が早産を引き起こす恐れがある』
ということでした。

危険な脱水症状のサインとしては、

・めまいを伴うひどい頭痛
・目の前がちかちかする


というもので、この症状があったらすぐにコップ1、2杯の水を飲んで左側を下にして背もたれのあるソファなどに横になり、様子を見ても改善されない場合は病院に連絡すること

ということです。

私は水分が不足するとひどい頭痛が起こるタチなので、普段から水分補給(最低コップ8杯以上/日)には気をつけているのですが、早産につながることもあるとあっては、汗をかきやすくなるこれからの季節、ますます気をつけないとな・・と改めて思いました。

私達のインストラクターは、30年の経歴を持つ助産婦さん。
今までに2000例以上の出産に立ち会ったというベテランです。

「たとえ医学がどんなに発達しても、女性は何千年もの間、同じような形で出産してきている。女性は全て、赤ちゃんを産むことが出来るように作られているので、たとえ初めての出産でも必ず皆、どうすればよいのか自分で分かります。赤ちゃんも産まれてくるように出来ているので、ちゃんと産まれてくる方法を知っているのです。大丈夫、あなた達は必ずうまくやってのけます。そして、出産の痛みは必ず乗り越えることが出来る痛みです。自分を信じて!」

という言葉がとても心強かったです。

それから、彼女からのアドバイス。
分娩時に子宮口の大きさを測る内診のとき、両手でこぶしをつくって骨盤の下に当てると内診しやすいので、お医者さまも妊婦さんも楽なのだそうです。覚えとこ。

夫も、ひとつひとつの説明を熱心にメモしながら聞いていました。
彼は出産の実際について何も知らなかったので、大変勉強になったみたいです。

昨日は初日ということもあって、他の妊婦さんとお話する機会がなかったけど、あと4週間の間にお友達が出来るといいな。。
スポンサーサイト
テーマ:マタニティライフ
ジャンル:育児
風邪ひいちゃいました
2006年06月04日 (日) | 編集 |
【27w3d】

おととい、
「喉がいがいがするな・・」
と思ってたら案の定、風邪をひいてしまったみたいです。

昨日は一日、喉が痛くて(T-T)。咳も少し。

長時間飛行機に乗ると、喉をやられてしまうことが多いんですよね。

3時間くらいのフライトならへっちゃらなはずなのですが、きっと妊婦なので疲れやすくなってて抵抗力も弱ってたのかも。
油断してました。

普段なら腰湯につかるか、わざとサウナみたいに布団を頭からかぶって汗びっしょりかいたら一晩で治ってしまうのですが、体温が上がりすぎちゃうと赤ちゃんに良くないので、首まわりだけタイガーバームをたっぷり塗ってガーゼを巻いてます。

これだけでもけっこう夜中に寝汗をかくので、こまめに着替えて・・

薬が飲めないので、今ビタミンCやらWheyと呼ばれる牛の初乳からとれた蛋白質(免疫力を上げると言われるサプリメント)やら他の健康食品やらを多めに摂って、ひたすら横になってたらだいぶ楽になってきました。

妊婦にとって風邪は大敵。
朝晩の気温差が激しいこの時期、皆さんも気をつけてくださいね。
テーマ:マタニティライフ
ジャンル:育児
最後の身軽な旅行
2006年06月02日 (金) | 編集 |
【27w1d】

先週末、メモリアルデー・ウィークエンドを利用して旅行に行ってきました。

3月に予定していて、犬の病気のためにキャンセルしたカナダ旅行です。

先週になって突然決めたので、急いで飛行機や宿泊の手配をし、荷物も前日にちゃっと詰めて。

ラッキーだったのが、行きの飛行機がファーストクラスにアップグレードされていたこと!マイレージの会員なので、空きがあるとアップグレードしてくれるのです。

夫のはそのままのコーチクラスだったので、マイレージを使って私の隣に変更。3時間近くのフライトは、至れりつくせりのサービスで超快適でしたw

あ、気になっていたセキュリティーのX線は、「妊婦だけど大丈夫ですか?」と事前にたずねたところ、全く安全とのことでした。・・ほんとかなー??ま、大丈夫でしょ。

さてさて、今回はちょっと走り走りで、

飛行機でシアトル入り→約3時間のドライブ→フェリーにてカナダ/ビクトリア(バンクーバー・アイランド)→フェリーにてバンクーバー→約3時間のドライブ→シアトル

という旅程でした。

バンクーバーへは結婚前に一度だけ行ったことがあるのですが、夫とは初めて。

以前からずっと行ってみたかったビクトリアのブッチャート・ガーデンにももちろん行きました。ビクトリアのダウンダウンも、ずんずん歩いて探索。

最初の日はダウンタウンにあるホテルに泊まって街を満喫したあと、二日目はちょっとひっこんだところにあるB&Bへ。ここがまた、と~ってもすてきだったんです。

全てご主人手作りの家具(プロ級の腕前!)に、暖炉があって・・お庭もすてきなイングリッシュ・ガーデン。食事も自家製のハーブや果物、野菜がたっぷりの自然食。

車でないと行けない離れた場所にあって、なんだか『秘密の場所』っぽいのもマル。いつかきっとまたあそこに宿泊したいです。

バンクーバーではまたダウンタウンに泊まって街を探索しました。
毎日、何時間も歩き回って・・夜には結構疲れちゃったけど、海や山の自然がとてもきれいで、食べ物もおいしくって・・ほんとに楽しい旅行でした。

夫婦2人の身軽な旅行もきっとこれで最後。
いい思い出がたくさん出来ました。

子供が3歳くらいになったら、今度はゆっくりと時間をとってキャンプにでも訪れたいな。。
テーマ:マタニティライフ
ジャンル:育児
奥様バトンです
2006年06月01日 (木) | 編集 |
【27w0d】

だいぶ前にmamiさんから受け取っていた奥様バトンです。さらっといきまーす。

Q1. あなたと旦那さんのお2人を一言で表すとしたら?

『親友』かな?
いつも一緒に行動してます。

Q2. 旦那様の第一印象は?

なんか、親しみのある人だな~

Q3. ご主人との馴れ初めは?(知り合ったきっかけなど)

姉夫婦の知り合いでした。

Q4. プロポーズの言葉は?

"Will you marry me?"
(結婚してください)

Q5. 結婚してよかったなあ、と思うのはどんな時?

日常のふとした瞬間、いつもそばにいて絶対的に信頼出来る人がいるという安心感を感じたとき。

Q6. ふたりの週末、の主なアクティビティーは?

お散歩、サイクリング、庭の手入れ、ドライブ・・など

Q7. 彼の一番好きなところは?

心根のやさしいところ。
(私の方がたまに10倍くらい意地悪かも・∀・;)

Q8. 貰って一番嬉しかったプレゼントは?

う~ん、なんだろ?特別な日にもらうカードとか花とか・・自分が記念日とかを覚えていないので、「ちゃんと覚えててくれたんだー」、と感動してしまいます。

Q9. 今一番旦那さんにしてあげたい事、また、旦那さんからして欲しい事は?

してあげたいこと・・
思いつかないなあ。。毎日栄養バランスのちゃんとしたご飯を作って、健康管理・・かな?

して欲しいこと・・・
特にないです。現状のままで充分(*^-^*)

Q10. 次のバトンを渡す5人

たぶんほとんどの人にまわってると思うので、このへんで・・
テーマ:マタニティライフ
ジャンル:育児
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。