2006年9月に高齢初産で男の子を出産しました。 ぼちぼちと育児日記を綴っています。2008年1月と2月は絵日記もちょこっと。
15ヶ月検診
2007年11月30日 (金) | 編集 |
☆1歳2ヶ月と24日☆

寒いです。。今日、日中の気温・・マイナス10度・・1、2ヶ月もするとこれぐらいの気温だと逆に「今日は暖かいねえ」とか言ったりする極寒の地。春までひきこもりそう。。てか、冬眠?(・∀・)

今朝は朝一の予約で歯医者へ行って神経を抜いてもらいました。ああ、これでやっと固い物が両方で咀嚼出来るようになって嬉しい限りです。この歯はずっと治療の繰り返しで結局良くならずに約10年かかりました。長かった・・

今日のドクターは、素晴らしく手際がよくて丁寧で、もちろんちっとも痛くなくて、今度神経抜く事がもしあれば絶対にまたこのドクターにお願いしようと思いました。

あー坊も夫といっしょにおりこうさんに待っててくれて、ほっ。。

そして夕方。今度はあー坊の番、15ヶ月検診です。

今日の為に夫は会社を休んでくれました。近くに親類のいない核家族なので、私が病院へ行く時も夫は時間を工面してあー坊の面倒を見るために一緒に来てくれます。感謝。。

今日のあー坊はいつもと違いました。

診察室に入って看護婦さんを見るなり私にしがみついてきて、服を脱がせるところからもう半泣きです。体重計に一人で座らせるのにも必死で抵抗して大きな声で泣いてました。

診察中もずっと下唇が出てて、聴診器を当てられただけで、全然痛くないのに泣く始末。

いつもは一番最後の注射の時に初めて泣き始めるのに、今日はもう最初から泣き通しです。

どうも、15ヶ月あたりからみんなだいたい診察室を嫌がって泣き始めるのだそう。過去の経験から、これから起きるであろうことを予測出来るようになったのかな。成長の証ですね、きっと。

今日は担当ドクターが予約がいっぱいだったので、他のドクターに診てもらいました。女性のお医者さまです。

あー坊は今回も健康優良児でどこも異常なし、ということだったのですが、ひとつだけあえて(あー坊にとっての)問題を挙げるとすれば・・

「実際よりもずっと年上に見えるので、周りから(実年齢以上のことが)出来ることを期待されてしまうだろう」

という点のみでした。これは・・たま~に私ですらあー坊がまだほんの一年ちょっと前に生まれたばかりだということを忘れてしまいそうになるので、自分も反省。

あとは食事や睡眠、どんなことをするか、何か単語は話すか・・などなどの質問に答えながら色々話しを伺って、特に問題はありませんでした。

あ、ただ、就寝が9時というのはちょっと遅いとは言われましたが、睡眠時間は充分に取れているので私達のライフスタイルに合っているのであればそれでかまわない、ということです。

う~ん、9時はやっぱり遅いかなあ・・とは思ってたんですよね。以前は8時就寝だったので、また8時に戻そうかな。

そして最後はやっぱり注射。今日は3本と・・ヘモグロビン検査のために指先パチンでどちらも大泣きでした。(ヘモグロビンは12.2だったかな??合格の数値でした。鉄分も足りてるようです。)

検診の度に何本も打たれてきた予防接種も、そろそろおしまい。5歳くらいまではもうあんまり注射はないそう。北米はとにかく赤ちゃんの予防接種が多くてかわいそうだったけど、ようやく一段落してほっとしました。ほんとによくがんばったね、あー坊。。

(予防接種については、以前はどちらかというと反対派だったのですが、あー坊が生まれてからちょっと考えが変わりました。予防接種を受けたのと受けないのとでリスクを比較してみて、予防接種を受けた場合の副作用やら発病の確率やらを鑑みても、予防接種を受けずに病気に感染した場合のリスク・・たとえそれが数%であっても・・を考えると、予防接種のがより安全かな、と。それに私達の住んでる州では、デイケアや学校へ行くには予防接種が義務づけられているのです。)

14ヶ月と24日目のあー坊は、体重30パウンド(約13.6キロ)、身長35インチ(約89センチ)でした。体重はほとんど増えてません。これからしばらくはタテ期なのかな。
テーマ:★★1歳児の日常★★
ジャンル:育児
登るブーム到来
2007年11月28日 (水) | 編集 |
☆1歳2ヶ月と22日☆

今夜の出来事です。うちにドーナッツ型をしたぬいぐるみがあって、夫が面白半分であー坊の頭にのっけていました。

最初はなぜか気がつかなかったあー坊(・∀・)なのですが、頭の上に何かが乗っかってる!と発見すると、落とさないようそろりそろりと歩いていました。

そして落とすたびに夫のところへトーナッツを持ってゆき、頭を差し出して乗せてもらってはそう~っと歩き・・を繰り返してました。相当面白かったみたいです。

さて、とうとう恐れていた事が・・

先日オットマンによじ登って以来、何でも登りたくてしょうがないあー坊。

昨日今日と、ベッドルームの隅に置いてある段ボールを踏み台にして、ちょっと高さのある木の箱(日本から持って来た私の化粧品とかが入ってる桐の箱)へ立って得意気です。(でも降りられないので私に助けを求めて泣きます)

今日はとうとう、ベッドに登る事に成功しました。

シーツをむんずと掴んで必死によじ登って、いつもは御法度の夫のアラームクロックに到達!ボリューム最大でラジオをつけてくれました。

もちろん即コンセント抜きました。。

一度登ってしまったらコツをつかんだようで、何度も降りたり登ったりを繰り返してすっかりベッド登りはマスターしてしまいました。

それで今日は急遽、登られたら危ないものを移動して、ついでに午後は大掃除です。おかげでいつかは何とかしなければ・・と思いながらもなかなか重い腰があがらなかったベッドルームがきれいになりました。ふう。。

そして夜・・

お風呂に入ってると、バスタブの端で一生懸命足を上げて脱出を図ろうとしています。危ない危ない。お風呂だけは滑って頭でも打ったりしたら危ないので阻止しました。

さて、明日はどこへ登るのやら。
テーマ:★★1歳児の日常★★
ジャンル:育児
乱暴者のあー坊&ついにソファに・・
2007年11月26日 (月) | 編集 |
☆1歳2ヶ月と20日☆

ちょっと前に、あー坊の夫への乱暴(ニコニコしながら頭突きしたり顔に平手打ちしたり・・)について書いたのですが、調べてみました。

この時期周りの人間に頭突きしたり顔をバシバシ叩くのは結構あるんですね。

どうやらコミュニケーションをとりたいらしいのですが、赤ちゃんなので出来る動きが限られている。それで、わりかし簡単な手を上下に動かすとかいう方法になって、それがたまたま『叩く』という形に現れてしまうらしいのですよ。

噛むのも同じで、だいたい3歳くらいまでにはしなくなるそうです。

ストレスからこういう行動をとる場合もあるそうですが、あー坊の場合は楽しそうにニッコニコしながらなので、嬉しさの表現なのだと思います。

こういう叩いたり頭突きしたり噛んだりする赤ちゃんは、どちらかというと社会的で思いやりがあるということなので、むしろ精神的な成長の過程で良い兆候なのかもしれません。

私はあー坊に叩かれたり噛まれたり(これは滅多にありませんが・・抱っこした時に左肩を噛まれることはあります)しそうな時は、なんとなく分かるので事前にそういう状況にならないようにしています。それでも叩かれたり時は、なるべく穏やかな口調で痛いことを伝えて後はなんでもなかったように自然に振る舞っています。

夫はいつも油断しているので(笑)よくやられています。夫も、あー坊が『叱られている』と思わないよう、手をとってやさしくなでなでするように教えるようにしてるそうです。

そして話は変わりますが、今日、ついにリビングのバリケードが突破されました。

リビングルームの真ん中にソファとオットマン(ソファとセットになってる足を乗せたり毛布を入れたりするもの)を置いて、反対側に行かないようにしていた所です。

夫がその『反対側』にある机でPCを見てたら、後ろでなんかカチャカチャ音がする。何だろう?と思って振り返ってみると・・オットマンの上に乗ってその近くにある私のノートPCのキーボードを触ってたそうなんですよ。私がちょっと2階に行った隙に・・

下に降ろして見ていると、短い足をえっちらと一生懸命に挙げてまたよじ登ってました。ソファもオットマンも高さが45センチあるのでまだまだ大丈夫と油断していたら。。

今さっき、寝かしつけてからバリケードを30センチほどかさ上げしときました。ふふふ、これでまた当分は大丈夫・・

『反対側』にはPCやらガラスの戸棚やら本棚やら階段やら・・危ないものが沢山あるのでまだ行って欲しくないのよね。(特に階段は、9ヶ月に入ってすぐにハイハイし始めた直後に一人でずんずん一番上まで上がって行ってしまったので、要注意ポイント。)

キッチンもカウンターの端から半分くらいまでの物が取れるようになったので、ますます目が離せなくなってきました。

また安全対策の全体的な見直しの時期が来たようです。
テーマ:★★1歳児の日常★★
ジャンル:育児
2度目のサンクスギビングデー
2007年11月22日 (木) | 編集 |
☆1歳2ヶ月と16日☆

今日はサンクスギビングデーでした。

朝からトリ(七面鳥)を焼いたりパンを焼いたりサラダやら副菜やらを作ったりと忙しく用意して、今年も無事に家族でサンクスギビング・ディナーのテーブルを囲む事が出来ました。

こうやって家族三人揃ってサンクスギビングのお祝いが出来るって、本当にありがたいことだと思います。

あー坊にも一応ディナーの一部を取り分けて・・温野菜とか七面鳥とか・・あげてみたら、先に昼食を食べたばかりだったので全部ポイしていました。ま、まあ、形だけだからね・・いっか。焼きたてのパンはおいしかったみたいで、半分くらい食べていました。(もちろんそのあと小さくちぎってポイポイ)

私が料理する間、夫があー坊と遊んでいてくれたのですが・・

夫が本を読むとそれを取り上げてキッチンにいる私に持ってきて手渡すんですよ。本だけじゃなく、おもちゃなども全部夫が持っていると私に持ってきてくれて。やっぱりママの方がいいのよねえ。ふふふ。(夫には悪いけどすごく嬉しい)

そして夫が抱っこしていると、なぜか夫の顔に頭突き!そして平手でバンバン顔面叩きをします。たぶん愛情表現ですね。夫は涙目になっています。

ディナーの後は、リビングルームで三人でまったり過ごしました。

といってもあー坊は相変わらずキッチンとリビングの間を走り回ってちっともじっとしていません。

最近、私がリビングに座っているとあー坊が走って来て私にどーん!と抱きついてくれるんです。夫もやって欲しくて両手を広げて待っているのですが、何度やっても夫をよけて私の方へ・・ふふふ、またちょっと嬉しい瞬間。ごめんよ、夫。

・・あ、今同じ部屋で寝ているあー坊が笑ってます。何か面白い夢でもみてるのかな。

ところで、ここ一週間ほどのあー坊はいつもにも増してさらに快便家なのですよ。

普段は3回くらいなのですが、このところおむつ替えの度にまた!?というくらい。日中6回以上はあります。毎回かなりの量です。(すみません、こんな話で)

なんでかな~と考えてみたら、思い当たることは多分・・

風邪ひいてるのでビタミンC補給のために食べてるイチゴのせいじゃないかと。

朝昼晩、中3個くらいずつイチゴをあげてるのですが、どうもイチゴを食べ始めた時あたりからウンチくんの回数が格段に増えたようなのです。

ちょっと前に流行ったダイエット、イチゴミルクが便通によいというのは本当みたいですね。私もイチゴミルクダイエットやってみようかなあ。。(もともとよいお通じがさらに良くなるかも?)
テーマ:★★1歳児の日常★★
ジャンル:育児