2006年9月に高齢初産で男の子を出産しました。 ぼちぼちと育児日記を綴っています。2008年1月と2月は絵日記もちょこっと。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
女の子?男の子?
2006年01月31日 (火) | 編集 |
9週2日→【訂正】9週5日

-・-・-・-・-

妊娠が分かってから早速名前の候補をピックアップしています。

多くの国際結婚カップルがそうするように、ファーストネームを英名、ミドルネームを日本名にするつもり。

私にとっての一番重要なポイントは、音。
女の子だったらやっぱりやさしい響きの音で呼びたいし、男の子だったらのびのびとおおらかな音に名づけたいのです。

実は結婚当初から好きな名前はいくつかピックアップしてあるので、たぶんその中から決まるかもしれません。

でも実際は、赤ちゃんの顔を見て浮かんだ名前・・という線が強い気がします。ふふふ。

ところで、夫(ダディという呼びかたはやっぱりちょっと・・なので、これからは自分らしく夫と呼ぶことにします。)は、最近「どうも女の子のような気がする・・・小さいami、かわいいだろうな」などと『女の子説』を主張するようになりました。

私はどちらかというと男の子のような気がするのですが、さてさてどちらなのでしょう。

夫も私も、たぶん希望的観測で言ってるのだと思います。実際に生まれてきたら、もちろん男の子でも女の子でもぜんぜんかまわないのですが。

性別は生まれてくるまでのお楽しみ、ということで、検診の時にも先生がうっかり「she」とか「he」などと言ってしまわないように念を押すつもり。
スポンサーサイト
テーマ:妊娠日記
ジャンル:日記
ソフロロジー法
2006年01月30日 (月) | 編集 |
9週1日→【訂正】9週4日

-・-・-・-・-

私はずっと、妊娠・・というよりも出産に関して非常に恐怖心を持っていました。
昔働いていた会社で、先輩からものすごい恐ろしい出産の話を沢山聞かされたからです。

だから、心のどこかで密かに「妊娠しなくてもいいかな」と思ったりしていたのです。
ところが、いざ妊娠してみて驚いたのが、恐怖心や不安が全くないということです。出産の本や写真などを見ても、逆に待ち遠しい、早く体験してみたいという気持ちばかり。これには自分でも驚きました。

そんな気持ちだったので、ソフロロジー式分娩法というものにはとても共感を覚えました。ソフロロジーについては、5年くらい前にTVで観て「ふ~ん、幸せな分娩か。面白いな。でも痛みが無いってのはちょっと眉唾でしょ」という程度の感想だったのですが、先日ふと思い立って調べてみると、これがなかなか興味深いのです。

イメージトレーニングと呼吸法でリラックスする、出産を『赤ちゃんとの共同作業』と痛みも含めて肯定的なものととらえる・・など、今の自分の思いとまさにぴったり。これだ!という感じでした。

今の自分にとっては、赤ちゃんに逢えるという喜びで、出産の痛さなんて別にどうってことないのですが、このイメージトレーニングは面白そうなのでぜひ試してみたい気がします。せっかくのチャンスなのだから、よいと思ったものを試してみたいし。どんな体験ができるのか、楽しみです。

早速本とCDを注文しました。日本の家族から送ってもらうので、届くのは多分1月後くらいかな。待ち遠しいです。

興味のある方は、右にリンクを貼りましたのでどうぞ。(『母乳育児への誘い』のサイト内にも詳しく紹介されています。)
テーマ:妊娠日記
ジャンル:日記
ちょっとお仕事
2006年01月28日 (土) | 編集 |
8週6日→【訂正】9週2日

-・-・-・-・-

つわり、今日はわりと調子よいです。

午前中本業(小さな雑貨やさんです)のお仕事をちょこっとすませて、午後はゆっくりと本でも読むことにしました。

今日で8週目の最後の日。明日から9週目に入ります。
本やネットでこの時期の胎児の様子を調べているのですが、目新しい情報がなかなか見つかりません。どれもなぜか、7週目くらいからいきなり10週目に飛んでしまってるのです。何故だ!?ウィークリーじゃなくて、デイリーの情報が欲しいのだけど、どこかにいいサイトでもないかしら。ああ、もどかしい・・。
テーマ:妊娠日記
ジャンル:日記
焼き肉
2006年01月27日 (金) | 編集 |
8週5日→【訂正】9週1日

-・-・-・-・-

どうしても夕食を作る気分になれなくて、今夜は外食。
近所のタイレストランへ行ってきました。西洋料理だと匂いもだめなのに、アジア料理だと平気なのはやっぱりアジア人だからでしょうか。

吐き気が・・といいつつ、オーダーしたのはモンゴル風焼き肉。食べたら気分もよくなって、ついでにスーパーでお買い物もして帰りました。ふふふ。ダディの運転なので楽ちん・・。

ずっと食べたかったマンゴーも買いました。楽しみ。

それにしてもつわりで全然食欲ないのに、考えるのはなぜか食べ物のことばかり。あと、叶わぬ願いとしては、めざしが食べたいです。それと、カトキチの海老フライ。ああ、日本のものが食べたいなあ。。
テーマ:妊娠日記
ジャンル:日記
久しぶりにお掃除
2006年01月26日 (木) | 編集 |
8週4日→【訂正】9週0日

-・-・-・-・-

今朝はなんだか調子がよかったので、よっしゃ、とばかりにシーツの洗濯と掃除機がけをしました。約1週間ぶり。

なんかですね・・・なにもしたくないんですよ。ちょっと動くと疲れるし、だるいわ眠いわで。そんな自分がどうしようもなく怠け者のようで、もっとテキパキと家事も何でもこなしたいのですが。今のところ、2度の食事を作るのが精一杯。(ダディーは職場が近いので、毎日お昼を食べに帰ってくるのです)

私は家で仕事をしてるので、というかスモールビジネスをやってるのでこれはマイペースでぼちぼちとできるのですが。それでもTAXやら記帳やら、山のようにすることはあって・・ふぅ~。。。

外で働いてる妊婦の皆さんに比べれば、ほんっっとに贅沢な環境だと思います。だめですね、弱音はいてちゃ。がんばろ。(と言いつつ、すぐソファに横になる・・)

ブログのタイトル、いろいろ変えてみたけど、これに落ち着きそうです。

前後しますが、過去の日記も調子のよいときに少しずつ書きたいです。
テーマ:妊娠日記
ジャンル:日記
毎日1ミリ
2006年01月25日 (水) | 編集 |
8週3日→【訂正】8週6日

-・-・-・-・-

赤ちゃんの成長具合。
どこかの本に、この時期は1日1ミリずつ成長すると書いてあったので、毎日今日は18ミリだ~、いよいよ20ミリ!などと本の8週間目の胎児写真を見ながら喜ぶ夫婦なのでした。

しかし、毎日が長い・・長すぎる・・なんかこう、いっきに1センチくらいずつ大きくなって、がんがん動いて、見た目にも感覚的にも分かりやすいんだったらまだ張り合いがあるんだろうな。早く20週くらいにならないかなー。

最近、食べられるものがますます限定されてきました。
まず、主食はほうれん草の卵とじ炒めにご飯、それから納豆、冷やっこ、もやしと薄揚げのお味噌汁、冷やしうどん、リッツクラッカー、そしてインド料理(いいのか?)。あ、カツ類も大丈夫。

絶対に駄目!なのが、イタリアン。以前は大好きだったイタリアン。なぜか思い浮かべるのも嫌なくらい駄目になってしまいました。それから、アルファルファ・・・う・・書いただけで気持ち悪・・チョコレートもぜんぜん食べたくない。

というわけで、うちの食事は上の『私が食べられるもの』リストの中から毎回ローテーションで作っているのでした。

実はなぜかむしょうにピーナッツも食べたくなってしまうのですが、これは子供のピーナッツアレルギーが怖いので(なるべく)食べないようにしています。たぶん、アメリカ人の特定の食べ物に対するアレルギーの異常な多さは、妊婦時期に特定のものを食べすぎるせいじゃないかとにらんでいるのですが。どうなのでしょう。だって、アメリカ人って、「好き」となると食べ方が尋常じゃないんだもの。きっと妊娠中、二人分~とかいってピーナッツバターサンドイッチやリースチョコ、スニッカーズバーなどを主食のように食べている人がふつーにいる気がする。

体重は今のところ全く変化なしなので、これからも栄養とカロリーに気をつけてちゃんと体重管理できたらいいな・・と思ってます。
テーマ:妊娠日記
ジャンル:日記
第六感
2006年01月25日 (水) | 編集 |
いろんな本などで読んで非常に興味のあること、それは・・・

「妊娠中は第六感がさえて普段にはないような不思議なことが起きる」

不思議もの好きの私としては、ぜひこのチャンスを生かして不思議体験をしてみたいものだ・・と、ひそかな妊娠に対する楽しみのひとつがこれだったのです。

もともと霊感なんてない私なので、今のところ何もないのですが、実はひとつだけ妙な感覚はありました。

それは去年12月の中旬ごろ。
庭の手入れをしているとき、ふと家の方を見てみると、

なんとなくヨチヨチ歩きの赤ちゃんがこちらに歩いてくるような気がしたのです。

もちろん幻覚とかじゃなくて、自分の想像の中でそんな気がした、という程度のことなのですが。

それからしばらく、そんなことはすっかりと忘れてしまっていました。
妊娠が分かってから、もしかするとあれは予兆だったのでは・・?などと勝手に思っているのですが、どうなのでしょう。

不思議体験というほどのカテゴリーではないのですが、なんとなくいつもと違う程度の日常に潜む奇跡体験(というほどじゃ・・)があれば、記録してみたいな~と思います。
テーマ:妊娠日記
ジャンル:日記
つわり対策
2006年01月24日 (火) | 編集 |
8週1日→【訂正】8週5日

-・-・-・-・-

先日つわりのことを書いたのですが、このところだいぶ楽になってきました。

秘密は『中国秘伝・真気八式ツボ』(趙耀輝 著・新星出版社)

折に触れてはつわりによいというツボを刺激しているのです。
足三里を中心に、天柱、中脘のツボを刺激します。このとき、呼吸法も大切です。
私はツボ療法に足芯呼吸法をプラスして、独自の方法を行っているのですが、やり方はこうです。

楽な服装で、椅子に深く腰掛けます。

ツボの位置を確認したら軽く指を添えておきます。そして、ゆっくりと細く口から息を吐ききります。

完全に息を吐ききると、足の裏からゆっくりとエネルギーが昇ってくるのをイメージしながら、ゆっくりと鼻から息を吸い上げるのです。

そしてまたゆっくりと細く、息を吐くと同時にツボをじっくり押します。ふたたび息を吸うときに力を抜きます。

このとき重要なことは、イメージです。

私は、自分の体がスポイトだと想像してます。書道をやっていた頃、墨のついたスポイトを洗っていたのですが、スポイトって、何度もきれいな水を吸い上げて吐いて、吸い上げて吐いて・・というふうにしてきれいにしますよね。同じように、自分の中にある墨、すなわち毒素を、足から吸い上げたきれいな水で洗い流すような想像をするのです。

毒素は吐いた息とともに足の裏から出ていって、血液もきれいになる・・・というのをイメージしながらツボを刺激すると、つわりも嘘のように治まるのです。

人によっても効果は違うと思いますが、つわりでお悩みの方、自分でできる呼吸法&ツボ療法、おすすめですヨ。つわりの最中はツボや呼吸法どころじゃないので、ちょっと気分のよいときに少しずつ刺激していると、つわりもおきにくくなるみたいです。

ご参考までに・・・

*足芯呼吸法(西野流呼吸法)の公式サイトはこちら
テーマ:妊娠日記
ジャンル:日記
つわり
2006年01月23日 (月) | 編集 |
8週1日→【訂正】8週4日 -・-・-・-・- つわりが始まったのは、今にして思えば6週目ごろからでした。 なんか、お腹がすいたときに胃の調子がおかしいなあ・・もしかするとストレスでピロリ菌が増殖しているのかもしれないと、せっせと緑茶を飲んだりしていたのです。

ところが緑茶の効果もむなしく吐き気&胃のぐるぐる感はまったくおさまらず、「潰瘍かもしれない・・」などと思い始めた始末。まさか妊娠してるなどとは露知らず・・。

つわりのピークは今のところ先週(7週目)で、とにかく何にも食べたくない!見たくない!匂いもだめ!でも空腹なほど気持ち悪くなるのでどうしても食べなきゃいけないという、まさに地獄の日々でした。ま、食べたら嘘のように楽になるのが救いといえば救いなのですが。

特に匂いに関しては非常に敏感で、無臭の化粧水さえも臭くてたまらないという犬並みの嗅覚。味覚も鋭くなって、食べたものの材料をひとつひとつ挙げられるくらい。

これもみな、ホルモンの影響だそうですが、人体って不思議です。
テーマ:妊娠日記
ジャンル:日記
超音波写真
2006年01月21日 (土) | 編集 |
7週6日→【訂正】8週2日

-・-・-・-・-

今日は待ちに待ったCOP(Confirmation of Pregnancy)の日。
ドクターとの予約は、午前10時半。

病院へ着いたら早速超音波検査室へ通されて(もちろんダディもいっしょに)検診してもらいました。

week7

画面に映し出された赤ちゃんは、思っていたよりも小さくて豆粒のよう。形もなんだか、ひれのようなものがついてて・・・これはどっかで見たことあるぞ・・・あっ、クリオネだっ。

画面を見ながら、ドクターが解説してくれます。
正常に子宮壁にくっついてて、心臓もちゃんと動いてます。音を聞かせてもらったのですが、は、早っ。子ねずみみたい。大きさは14ミリでした。

この大きさから推測すると、現在7週間目とのこと。

実は前回の月経開始日から自分で算出した週齢が10週間だったので、もう少し大きな胎児を予想していた私達。手足の判別もつくかな~と期待していたので、予想外の小ささと、私はもうそろそろつわりが終わる時期だという大きな期待が破られてちょっとがっくり。(あ、もちろんすごくうれしかったですよ)

その後ドクターと今後の病院のことなどについて(ここは不妊治療専門なので、産婦人科の病院に移らなければいけないのです)話をしたのですが、驚いたのは年齢の話がまったく出てこなかったこと。

40近くで初めての妊娠という、ダブルでリスキーな妊婦だぞ。いいのか?50代以上の出産が年間250人(だったか)の医療先進国アメリカでは高齢出産はさして問題ではないのか?でも本にはちゃんと高齢出産について書いてあるしな・・このドクター、大丈夫かいな。新しい病院に移ったらそこんとこ、よく確認しとかないと。

写真は多分、左下が頭で後ろ向きになっているのだと思います。頭の真ん中の黒い部分は、脳ができているところなのだそう。
テーマ:妊娠日記
ジャンル:日記
やってみたいこと(育児編)
2006年01月16日 (月) | 編集 |
まだまだ先の話なのでちょっと気が早いかもしれませんが、子供が生まれたらやってみたいことのリストです。これも色んな人の話や本などで見聞きしたことや体験から、自分なりに納得してやってみたいと思ってることなので、いいとか悪いとかは抜きにして、実験・・という感じです。

それから、私はズボラなくせに「世の中には不便な事の方がいいこともある」と思っているところがあるので、あえて面倒なことをやってみたいという節があります。なので、このリストを見るとなんだか超ナチュラル志向のやな女みたいですが、人に自分の考えを押し付けようなどという気持ちはさらさらありませんので。人それぞれ、ご自分に合った方法が一番だと思います。

長いので、リストはこの下にあります。(ほかにも思いついたら追記するかもしれません)

[続きを読む...]
テーマ:マタニティライフ
ジャンル:育児
やってみたいことリスト(妊娠/出産編)
2006年01月15日 (日) | 編集 |
自分がもし妊娠できたら、「これをやってみたい」と思っていたことがいくつかあります。ラッキーにもそれを実行するチャンスがやってきました。一生に一度あるかないかの貴重な体験なので、色んなことを試してみたい、悔いのない妊婦生活を!(おおげさ)
・・というわけで、思いつくかぎりランダムにリストアップしてみますね。いくつ実験(←本音)できるかなあ。楽しみ。


健康な生活

栄養の偏らないちゃんとした食生活で、体重管理もしっかりし、だらだらせずに『ちゃんとした』妊婦生活を送りたいものです。

マタニティスイミング

身体が重くなってもできるマタニティ・スイミングで適度なエクササイズ。柔軟な筋肉をつけて、出産に備えます。水は出産時のイメージ・トレーニングにも役立つそうなので、これはぜひやってみたいです。

ウォーキング

散歩が趣味なので。あ、これは特に妊娠とは関係なくやってることでした。

マタニティ・ジャーナル

これはこのブログにて実行中。せっかくの貴重な体験なので、日々の思いの変化や起こったことなどをなるべく詳細に記録してみたいと思います。自分の記念のためと、もし2人目が出来た時の参考のため、そして子供が大きくなったときに見せてあげたいなあ。

自然出産

せっかくなので、麻酔は使わずに出来る限り自然な出産を体験してみたいです。多くの出産体験者に『今まで経験したことのない痛み』『男性だったらあまりの痛みに失神する』などと言われる出産の痛みがどれくらいなのか、ぜひ味わってみたいという興味もあるし。麻酔による副作用も気になるので。

以前は水中出産にも興味がありましたが、方法には特にこだわりません。色んな出産方法を参考にして、『いいとこどり』した自分流で。ただ、あくまでも出産は『赤ちゃん主体』で自分はあくまでも赤ちゃんが生まれてくるのを出来る限りサポートする、というスタンスだとは思います。これは陣痛の痛みを引き受けることであったり、呼吸法で赤ちゃんに酸素を沢山送ってあげたり、そういう意味で。

でももし医療の介入が必要と判断されればもちろん赤ちゃん(と母体)の安全が大切なので、麻酔や帝王切開などの覚悟もしてます。そこらへんはフレキシブルでありたいです。



・・・まだまだ沢山あったような気がするのですが、
ほかにも思いついたら加筆してゆきますね。
テーマ:マタニティライフ
ジャンル:育児
妊娠発覚の日
2006年01月13日 (金) | 編集 |
私とダディ(うちには犬と猫がいるので、なんとなくお互いにマミー、ダディと呼び合うようになっ
たのです。)は、割と年とってからの結婚だったので妊娠は難しいかもな・・と思っていたら、やっぱり5年近く子供ができませんでした。

それでお互いずっと、
「子供は授かりもの。子供がいてもいなくても夫婦の仲は変わらない。子供が出来たらそれはとてもうれしいことだし、出来ない時はそれも運命。夫婦2人の生活を楽しめばいいよね。ペットが子供みたいなもんだし」
と言っていたのです。

ところが去年の暮れあたりです。
ダディが「一度専門家に診てもらおうか」と言い出したのです。不妊治療を受けるなら年齢的にもこれが最後のチャンスかもしれないし・・。

早速不妊治療の専門病院へ行ってひととおりの検査をすませました。幸い体には異常は見られなかったので、年が明けて(2006年)から治療に取り組もうとしていた矢先のことです。

次の診療は、次の月経が始まってから3日目に受ける予定でした。
ところが、11月の始めを最後になかなか月のものがきません。でももともと不順な方だったので特に気に留めていなかったのですが・・。

ある日、ダディに「もしかすると妊娠してるのかも。検査してみて」と頼まれて軽い気持ちで市販の妊娠判定スティックを使ってみました。この判定スティックは、判定窓のところに-(マイナス)が出ると妊娠していない、+(プラス)が出ると妊娠というもので、今回判定窓には一本の線がくっきりと出ています。

「やっぱり、またネガティブか~」

と、ゴミ箱へ捨てようとしたそのとき、

「いや待てよ、これは横線じゃなくて縦線じゃ・・」

そう気がついてよーっく見てみると、くっきりとした縦線にうっすらとした横線のなんともあいまいな、でもちゃんとした+になってるじゃありませんか!

実は2週間ほど前にもこの判定スティックでネガティブだったのですが、まさかと思ってゴミ箱を調べてみると。あ!やっぱり。そのときも一本の縦線がくっきりと出ていたのです。ぱっと見一本線だったのでてっきりマイナスだと思っていたのでした。

説明書を読んでみると、この縦線くっきりは

妊娠の可能性が非常に高い

ということは、もしかして・・・・!?

早速その日のうちに病院へ行って血液検査をしてもらいました。

病院からの帰り道、念のために違う妊娠判定スティックも購入して再検査。これは分かりやすいように+-じゃなくて、文字で『Pregnant』または『Not Pregnant』で表示されるタイプのもの。結果はやっぱり『Pregnant』!

そうこうしているうちに夕方近く、病院から結果の連絡がきました。

「おめでとうございます。妊娠ですね。hCGレベルが25000以上(確かそう言われたような。250000だったかな)なので少なくとも妊娠8週間ですよ。」

早速ダディに電話してニュースを伝えると、電話口で涙ぐんで喜んでいました。
私はといえば・・・まだなんだか実感が湧かないのですが、これから順調にこの子が育ってくれると、これからの人生、全く今までとは違う生活になることでしょう。

なんだか、少しわくわくするような不思議な気持ちです。

ー・ー・ー・ー・ー
6週6日→【訂正】7週2日
テーマ:妊娠日記
ジャンル:日記
はじめまして
2006年01月10日 (火) | 編集 |
マル高初マタニティダイアリーへようこそ。
長いタイトルですが、ひと目見て「あ、高齢で初産の妊婦日記だな」と分かっていただけるタイトルを・・と苦心して考えました。

わたくし、あみと申します。
HNの由来は、小さい頃祖母に『あみたん』『あみどん』と呼ばれていたからです。

現在、アメリカの田舎町に住んでいます。

結婚してアメリカにきて5年(その前に北米には1年住んでいたので北米での生活は合計6年)、私達夫婦にもようやく赤ちゃんが授かりました。不妊治療を始めた直後の自然妊娠です。

出産予定日は2006年8月30日

出産予定時の私の年齢は39歳。いわゆる高齢初産と呼ばれる年齢です(精神年齢は高校生くらいから変わってない気がするので、本人に自覚はあまりないのですが←図々しい^-^;)。

高齢初産・高齢出産は私のまわりにも沢山いて、中には40を過ぎてる人たちもけっこういます。

医学が発達した現代、出産に年齢は障害ではなくなってきています。あとは妊娠中、育児中の体力次第だと思います。

ただ、妊娠に関しては加齢とともにハードルやリスクは高くなってくるのは事実。実際私達もなかなか妊娠できず、妊娠したらしたで遺伝子異常などについて覚悟はしていました。

私達夫婦にとって妊娠できたということはほんとに奇跡に近い出来事。一生夫婦ふたりの生活も考えていただけに、この妊娠はまさに神様からの贈り物という気持ちです。

これが最初で最後の体験かもしれないし、もしかしたら運良く2人目以降が授かるかもしれない、まだ誰にも分かりません。

この自分の人生の中での最大イベント、妊娠中の出来事や思ったことなどを、思いつく限り記してゆきたいと思います。

未だにまさか自分達がほんとに妊娠できるとは思ってもいなかったので、まるで
自分達が世界の中心
のような錯覚をしているような感じもあるかもしれません。どうかご容赦くださいませ。

なお、このブログはたぶんのーがきが非常に多いと思います。もともと探求&ウンチク好きな性格プラス、年のせいだと思うのですが、あまりにも「長っ」な記事はさらりと読み飛ばしちゃっていただいてもかまいませんので・・。

今妊娠していらっしゃる皆さん、また出産を体験なさった皆さん、また、妊娠・出産に興味のある老若男女のみなさま、アドバイスやご意見などございましたら、どうかお気軽にコメントくださいね。

過去記事へのコメントも大歓迎です!


**わたくしの個人サイト**
多国籍なんちゃって創作レシピもあります。よろしければお立ち寄りくださいませ。
テーマ:マタニティライフ
ジャンル:育児
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。