2006年9月に高齢初産で男の子を出産しました。 ぼちぼちと育児日記を綴っています。2008年1月と2月は絵日記もちょこっと。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
15ヶ月検診
2007年11月30日 (金) | 編集 |
☆1歳2ヶ月と24日☆

寒いです。。今日、日中の気温・・マイナス10度・・1、2ヶ月もするとこれぐらいの気温だと逆に「今日は暖かいねえ」とか言ったりする極寒の地。春までひきこもりそう。。てか、冬眠?(・∀・)

今朝は朝一の予約で歯医者へ行って神経を抜いてもらいました。ああ、これでやっと固い物が両方で咀嚼出来るようになって嬉しい限りです。この歯はずっと治療の繰り返しで結局良くならずに約10年かかりました。長かった・・

今日のドクターは、素晴らしく手際がよくて丁寧で、もちろんちっとも痛くなくて、今度神経抜く事がもしあれば絶対にまたこのドクターにお願いしようと思いました。

あー坊も夫といっしょにおりこうさんに待っててくれて、ほっ。。

そして夕方。今度はあー坊の番、15ヶ月検診です。

今日の為に夫は会社を休んでくれました。近くに親類のいない核家族なので、私が病院へ行く時も夫は時間を工面してあー坊の面倒を見るために一緒に来てくれます。感謝。。

今日のあー坊はいつもと違いました。

診察室に入って看護婦さんを見るなり私にしがみついてきて、服を脱がせるところからもう半泣きです。体重計に一人で座らせるのにも必死で抵抗して大きな声で泣いてました。

診察中もずっと下唇が出てて、聴診器を当てられただけで、全然痛くないのに泣く始末。

いつもは一番最後の注射の時に初めて泣き始めるのに、今日はもう最初から泣き通しです。

どうも、15ヶ月あたりからみんなだいたい診察室を嫌がって泣き始めるのだそう。過去の経験から、これから起きるであろうことを予測出来るようになったのかな。成長の証ですね、きっと。

今日は担当ドクターが予約がいっぱいだったので、他のドクターに診てもらいました。女性のお医者さまです。

あー坊は今回も健康優良児でどこも異常なし、ということだったのですが、ひとつだけあえて(あー坊にとっての)問題を挙げるとすれば・・

「実際よりもずっと年上に見えるので、周りから(実年齢以上のことが)出来ることを期待されてしまうだろう」

という点のみでした。これは・・たま~に私ですらあー坊がまだほんの一年ちょっと前に生まれたばかりだということを忘れてしまいそうになるので、自分も反省。

あとは食事や睡眠、どんなことをするか、何か単語は話すか・・などなどの質問に答えながら色々話しを伺って、特に問題はありませんでした。

あ、ただ、就寝が9時というのはちょっと遅いとは言われましたが、睡眠時間は充分に取れているので私達のライフスタイルに合っているのであればそれでかまわない、ということです。

う~ん、9時はやっぱり遅いかなあ・・とは思ってたんですよね。以前は8時就寝だったので、また8時に戻そうかな。

そして最後はやっぱり注射。今日は3本と・・ヘモグロビン検査のために指先パチンでどちらも大泣きでした。(ヘモグロビンは12.2だったかな??合格の数値でした。鉄分も足りてるようです。)

検診の度に何本も打たれてきた予防接種も、そろそろおしまい。5歳くらいまではもうあんまり注射はないそう。北米はとにかく赤ちゃんの予防接種が多くてかわいそうだったけど、ようやく一段落してほっとしました。ほんとによくがんばったね、あー坊。。

(予防接種については、以前はどちらかというと反対派だったのですが、あー坊が生まれてからちょっと考えが変わりました。予防接種を受けたのと受けないのとでリスクを比較してみて、予防接種を受けた場合の副作用やら発病の確率やらを鑑みても、予防接種を受けずに病気に感染した場合のリスク・・たとえそれが数%であっても・・を考えると、予防接種のがより安全かな、と。それに私達の住んでる州では、デイケアや学校へ行くには予防接種が義務づけられているのです。)

14ヶ月と24日目のあー坊は、体重30パウンド(約13.6キロ)、身長35インチ(約89センチ)でした。体重はほとんど増えてません。これからしばらくはタテ期なのかな。
スポンサーサイト
テーマ:★★1歳児の日常★★
ジャンル:育児
登るブーム到来
2007年11月28日 (水) | 編集 |
☆1歳2ヶ月と22日☆

今夜の出来事です。うちにドーナッツ型をしたぬいぐるみがあって、夫が面白半分であー坊の頭にのっけていました。

最初はなぜか気がつかなかったあー坊(・∀・)なのですが、頭の上に何かが乗っかってる!と発見すると、落とさないようそろりそろりと歩いていました。

そして落とすたびに夫のところへトーナッツを持ってゆき、頭を差し出して乗せてもらってはそう~っと歩き・・を繰り返してました。相当面白かったみたいです。

さて、とうとう恐れていた事が・・

先日オットマンによじ登って以来、何でも登りたくてしょうがないあー坊。

昨日今日と、ベッドルームの隅に置いてある段ボールを踏み台にして、ちょっと高さのある木の箱(日本から持って来た私の化粧品とかが入ってる桐の箱)へ立って得意気です。(でも降りられないので私に助けを求めて泣きます)

今日はとうとう、ベッドに登る事に成功しました。

シーツをむんずと掴んで必死によじ登って、いつもは御法度の夫のアラームクロックに到達!ボリューム最大でラジオをつけてくれました。

もちろん即コンセント抜きました。。

一度登ってしまったらコツをつかんだようで、何度も降りたり登ったりを繰り返してすっかりベッド登りはマスターしてしまいました。

それで今日は急遽、登られたら危ないものを移動して、ついでに午後は大掃除です。おかげでいつかは何とかしなければ・・と思いながらもなかなか重い腰があがらなかったベッドルームがきれいになりました。ふう。。

そして夜・・

お風呂に入ってると、バスタブの端で一生懸命足を上げて脱出を図ろうとしています。危ない危ない。お風呂だけは滑って頭でも打ったりしたら危ないので阻止しました。

さて、明日はどこへ登るのやら。
テーマ:★★1歳児の日常★★
ジャンル:育児
乱暴者のあー坊&ついにソファに・・
2007年11月26日 (月) | 編集 |
☆1歳2ヶ月と20日☆

ちょっと前に、あー坊の夫への乱暴(ニコニコしながら頭突きしたり顔に平手打ちしたり・・)について書いたのですが、調べてみました。

この時期周りの人間に頭突きしたり顔をバシバシ叩くのは結構あるんですね。

どうやらコミュニケーションをとりたいらしいのですが、赤ちゃんなので出来る動きが限られている。それで、わりかし簡単な手を上下に動かすとかいう方法になって、それがたまたま『叩く』という形に現れてしまうらしいのですよ。

噛むのも同じで、だいたい3歳くらいまでにはしなくなるそうです。

ストレスからこういう行動をとる場合もあるそうですが、あー坊の場合は楽しそうにニッコニコしながらなので、嬉しさの表現なのだと思います。

こういう叩いたり頭突きしたり噛んだりする赤ちゃんは、どちらかというと社会的で思いやりがあるということなので、むしろ精神的な成長の過程で良い兆候なのかもしれません。

私はあー坊に叩かれたり噛まれたり(これは滅多にありませんが・・抱っこした時に左肩を噛まれることはあります)しそうな時は、なんとなく分かるので事前にそういう状況にならないようにしています。それでも叩かれたり時は、なるべく穏やかな口調で痛いことを伝えて後はなんでもなかったように自然に振る舞っています。

夫はいつも油断しているので(笑)よくやられています。夫も、あー坊が『叱られている』と思わないよう、手をとってやさしくなでなでするように教えるようにしてるそうです。

そして話は変わりますが、今日、ついにリビングのバリケードが突破されました。

リビングルームの真ん中にソファとオットマン(ソファとセットになってる足を乗せたり毛布を入れたりするもの)を置いて、反対側に行かないようにしていた所です。

夫がその『反対側』にある机でPCを見てたら、後ろでなんかカチャカチャ音がする。何だろう?と思って振り返ってみると・・オットマンの上に乗ってその近くにある私のノートPCのキーボードを触ってたそうなんですよ。私がちょっと2階に行った隙に・・

下に降ろして見ていると、短い足をえっちらと一生懸命に挙げてまたよじ登ってました。ソファもオットマンも高さが45センチあるのでまだまだ大丈夫と油断していたら。。

今さっき、寝かしつけてからバリケードを30センチほどかさ上げしときました。ふふふ、これでまた当分は大丈夫・・

『反対側』にはPCやらガラスの戸棚やら本棚やら階段やら・・危ないものが沢山あるのでまだ行って欲しくないのよね。(特に階段は、9ヶ月に入ってすぐにハイハイし始めた直後に一人でずんずん一番上まで上がって行ってしまったので、要注意ポイント。)

キッチンもカウンターの端から半分くらいまでの物が取れるようになったので、ますます目が離せなくなってきました。

また安全対策の全体的な見直しの時期が来たようです。
テーマ:★★1歳児の日常★★
ジャンル:育児
2度目のサンクスギビングデー
2007年11月22日 (木) | 編集 |
☆1歳2ヶ月と16日☆

今日はサンクスギビングデーでした。

朝からトリ(七面鳥)を焼いたりパンを焼いたりサラダやら副菜やらを作ったりと忙しく用意して、今年も無事に家族でサンクスギビング・ディナーのテーブルを囲む事が出来ました。

こうやって家族三人揃ってサンクスギビングのお祝いが出来るって、本当にありがたいことだと思います。

あー坊にも一応ディナーの一部を取り分けて・・温野菜とか七面鳥とか・・あげてみたら、先に昼食を食べたばかりだったので全部ポイしていました。ま、まあ、形だけだからね・・いっか。焼きたてのパンはおいしかったみたいで、半分くらい食べていました。(もちろんそのあと小さくちぎってポイポイ)

私が料理する間、夫があー坊と遊んでいてくれたのですが・・

夫が本を読むとそれを取り上げてキッチンにいる私に持ってきて手渡すんですよ。本だけじゃなく、おもちゃなども全部夫が持っていると私に持ってきてくれて。やっぱりママの方がいいのよねえ。ふふふ。(夫には悪いけどすごく嬉しい)

そして夫が抱っこしていると、なぜか夫の顔に頭突き!そして平手でバンバン顔面叩きをします。たぶん愛情表現ですね。夫は涙目になっています。

ディナーの後は、リビングルームで三人でまったり過ごしました。

といってもあー坊は相変わらずキッチンとリビングの間を走り回ってちっともじっとしていません。

最近、私がリビングに座っているとあー坊が走って来て私にどーん!と抱きついてくれるんです。夫もやって欲しくて両手を広げて待っているのですが、何度やっても夫をよけて私の方へ・・ふふふ、またちょっと嬉しい瞬間。ごめんよ、夫。

・・あ、今同じ部屋で寝ているあー坊が笑ってます。何か面白い夢でもみてるのかな。

ところで、ここ一週間ほどのあー坊はいつもにも増してさらに快便家なのですよ。

普段は3回くらいなのですが、このところおむつ替えの度にまた!?というくらい。日中6回以上はあります。毎回かなりの量です。(すみません、こんな話で)

なんでかな~と考えてみたら、思い当たることは多分・・

風邪ひいてるのでビタミンC補給のために食べてるイチゴのせいじゃないかと。

朝昼晩、中3個くらいずつイチゴをあげてるのですが、どうもイチゴを食べ始めた時あたりからウンチくんの回数が格段に増えたようなのです。

ちょっと前に流行ったダイエット、イチゴミルクが便通によいというのは本当みたいですね。私もイチゴミルクダイエットやってみようかなあ。。(もともとよいお通じがさらに良くなるかも?)
テーマ:★★1歳児の日常★★
ジャンル:育児
赤ちゃんはすでに親切な友達を選ぶことが出来る
2007年11月22日 (木) | 編集 |
ネイチャー誌に掲載された今日付けの記事です。

とりあえず記事だけアップしますね。

短くて読みやすいです。興味のある方はどうぞ・・

記事はこちら
テーマ:★★1歳児の日常★★
ジャンル:育児
お昼寝が一回に
2007年11月20日 (火) | 編集 |
☆1歳2ヶ月と14日☆

DSCN4260.jpgあー坊とニャンズ・・特にイジーは大の仲良し。

今日は床の上に置いたクッションの上にあー坊が寝転んでたら、イジーがやってきていっしょに寝てました。それに気付いたあー坊・・

イジーの背中の皮を両手でわしっとつかんでどけてました(・∀・;)

仲良しでも、クッションは独り占めしたかったのね。。

(写真はイメージです)

それはそうと、あー坊はここ10日ほど夕方のお昼寝をしなくなりました。

お昼寝は午前中遅い時間に1~2時間、一度だけ。

おかげで母は眠くて眠くて・・まあ、そんなことはよいのですが。
(↑いっしょに昼寝してた)

お昼寝しなくなったせいか、夕方4時半頃から6時頃までぐずるようになったのはちょっと困りもの。夕食の支度をしたいのに、足下にまとわりついて危なくって料理出来ないんですよねえ。。

これから一日一回のお昼寝が定着するのかなあ。なんか、どんどん赤ちゃんじゃなくなってくようでちょっと寂しい。。
テーマ:★★1歳児の日常★★
ジャンル:育児
ベビーバスのレビュー
2007年11月20日 (火) | 編集 |
以前、タミータブを購入したという記事を妊娠中に書いたのですが、あー坊が生まれて、実際に使ってみた感想を少し記してみたいと思います。

結果から言うと・・

2歳くらいまで使えるかと期待していたものの、あー坊が大きくなりすぎたため6ヶ月くらいで使えなくなってしまいました。

その後1歳過ぎまでは、以前の記事中にも書いたEuro Bathtub(色は白)を使いました。タミータブはバスタブにお湯をはる時バケツ代わりに使ったので、まあ用途はともかく1年間は使ったことになります。

で、実際に使った感想としては・・

(もし)次の子が生まれたら最初からEuro Bathtubを使うかな。

タミータブ、評判どおり、悪くはないんですよ。でも深くて狭いので、ちょっと洗いにくかったことと、シャンプーは別にシンクでやってたので今にして思えばちょっと不便だったかな~と。

Euro Bathtubだったら新生児用ライナーを買って寝かせて洗えるし、両手が使えるから洗いやすいことと、結構深さもあってお湯がたっぷり入るので湯冷めもしないんですよね。

もし、タミータブのようにバケツ型のバスタブに興味がおありの方、
↓こういうのもあります。
washPOD.jpg

これもタミータブと同じように赤ちゃんが安心するという形で、タミータブより浅いので使いやすいと思います。デザインも底部が安定しているので、もしかするとタミータブよりも使い勝手は良いかも・・

そしてタミータブより断然お安いし。(北米ではタミータブの1/4のお値段です)
北米にお住まいの方はこちらのサイトで買えます。

テーマ:◆◇◆0歳ベィビー◆◇◆
ジャンル:育児
産後の戻りと妊娠線
2007年11月17日 (土) | 編集 |
今更ですが、産後の戻りについてちょっと書いておこうかなと思います。

私は特に産後ひきしめの補正下着もつけませんでした。だからなのか、何もしなくても出産後8ヶ月くらいで体重は妊娠前より減ったものの、お腹まわりはなぜかぷよぷよ。

パンツも妊娠前よりサイズダウンして、服を着ている時は確かに細くは見えるのですが、服をぬいだとたんにお腹の肉がぽよんとたるんでいたのです。

このたるみは多分、努力しないと取れないと思ったものの、努力してなんとかするというのが苦手な私。少しずつ気長にやっていこうと思ってスクワッティングを始めました。

と言っても毎日お風呂上がりに髪の毛をタオルで拭く間、30~60回くらい。ぼちぼちです。

しかし効果はすぐに出始めました。少しずつではありますが、だんだんと引き締まってきて、両手でがっしりと掴めたお肉が(ここまで言う・・)今では指でつまむ程度に減ってきたのです。

これはスクワッティングと、風邪の効果です。風邪をひいた時に何週間かひどい咳が止まらなかったのですが、咳って結構腹筋使うんですよね。腹筋が強化されたおかげで、引き締まるのも早かった気がします。気のせいかもしれませんが。

そして・・妊娠線です。

実は私、妊娠線に関してはほとんど気にしなかったので出来ても出来なくてもよかったのですが、結果としては出産後の妊娠線は残りませんでした。

妊娠中のお腹の大きさ(下の写真)を考えると妊娠線が100本くらい出ても不思議じゃないはずなのに、なぜか出なかったんですよね。

←初公開です・・

すごいですねえ、この突き出たお腹。

臨月の頃の写真です。ぽーんと前に突き出ていて、ほんと、重かったなあ。。
(へんな服はスルーしてください。。もう、着られるものがこれしかなくって、毎日同じデザインの色違いのを交互に着てました。伸びきってるけどいちおうエディ・バウアー・・あ、聞いてないですね・・)



で、気にはしていなかったものの何もしなかったというわけではないのですよ。

妊娠中の私のバイブル、メイヨークリニックの妊娠本によりますと、妊娠中の皮膚は、表皮層だけじゃなく真皮層から伸びるため、クリームを塗ったからと言って妊娠線が出来ないわけではない。ということなのですよ。

ということは、真皮層をなんとかしなくちゃいけないってことなので、とりあえずコラーゲンを多く含む食品や、ゼラチン(主な原材料が豚の皮膚だし)を努めて摂取しておりました。ゼラチンはゼリーにするのが面倒だったのでカプセルに入ったのを飲んでただけです。

そして、乾燥してると皮膚が伸びたら痒くなるので、保湿のためにシャワーの後クリームを塗ってました。クリームは当時某研究室に勤めていた夫に化学薬品を最小限におさえて、無香料無着色のを作ってもらって。

コラーゲン摂取が効いたのかクリームがよかったのか、それとも妊娠線の出来にくい体質だったのかは分かりませんが、お腹の伸びの割に不思議と妊娠線が出なかったので一応効果はあったのかもしれません。

なお、サプリメントとして売られているコラーゲンは、妊娠中は飲んではいけないものもあるみたいなので、ご注意を。
テーマ:マタニティライフ
ジャンル:育児
やっと着るものが&また靴が小さく
2007年11月17日 (土) | 編集 |
☆1歳2ヶ月と11日☆

以前「着るものがない」と書いたのですが、冬になってますますあー坊に合う服がなくて困っていました。

身長は3歳児でも体型はまだ14ヶ月の赤ちゃんのあー坊。しかも布おむつなので、こちらではなかなか合うサイズが見つからないのです。

トドラーサイズの3Tは、幼児体型に合わせてあるのでスリムすぎてお腹やお尻まわりがきついんですよね。しかも、トップスはなんだか短すぎてボトムスは股上が浅い・・これって、西洋人体型に合わせて作られているのかなあ。それともファッション?

しかも、北米のパンツって大人用も子供用も赤ちゃん用も、ウエストのゴムが生地に縫い付けてあって調整出来ない上、ものすごく強くて固いゴムなので苦しそう。お着替えの時も私が身体を支えていてあげないとゴムにもってかれてバランスがとれないし着せにくい。。

生地もなんだか厚くてしっかりしすぎてて、服が身体から浮いちゃってるというかんじなのです。

それで先日、ネットで注文して日本の実家経由で送ってもらいました。ユニクロ。(ユニクロ好きな私・・)

おお、これこれ。生地も程よく薄手で柔らかく、トップスの丈も充分に長いしパンツの股上もしっかり深い。ウエストゴムもやわらか~。

早速あー坊に着せてみたら、まとわりつくようにフィットして着心地良さそう。おかげでおとといも昨日も朝までぐっすりと熟睡してくれました。今まで、夜中3時頃になると必ず目を覚ましてそのまま朝まで寝たり起きたりを繰り返していたのですが、やっぱり服が気持ち悪かったのかもしれません。

やっぱり何でも日本製がいいよねえ。。特に着るもの。日本にいる時は何でも海外の物がよく見えがちだったけど、北米にきて、つくづくそう思います。(あ、北米にいるからアメリカ以外のものがよく見えるのか?)

調子に乗ってさらに無印やらモンベルやらでネットショッピング三昧の日々。あー坊の冬物はほとんど揃えました。いつも荷物を転送してくれる実家の母に感謝です。

そして。

最近、また靴がきつくなってきました。

前回は確か9月末にサイズアップしたのですが、2ヶ月足らずでまたサイズアップですよ。(1ヶ月持つか・・と言ってた割に長く持ったというべきか)

今はいてるのがXLだから、次は2X・・

寒くなってきたから、この次はモカシンかブーツにしようかな。
テーマ:★★1歳児の日常★★
ジャンル:育児
かわいい瞬間
2007年11月15日 (木) | 編集 |
☆1歳2ヶ月と9日☆

今風邪ぎみなので、下にも書きましたが靴下と靴を踏ませています。(あ、『踏ませる』っていう表現は標準語じゃないですね。たぶん)

靴下や靴をはかせるときは私のひざに乗せて後ろからはかせるのですが、その時必ず

クッククック~ クッククック~ 青いと~り~
ようこそここへ、クッククック~ 私の青いとり~・・・

と、物真似までしながら必ず歌ってしまう母。。昭和の人間の悲しい性です。

ところで、赤ちゃんといると何かしら歌ってしまうのは何故なのでしょうね。メロディも適当に、歌詞の内容は大抵実況中継です。

そんなことはさておき、お誕生日に買ってあげたWheely Bug、相変わらずお気に入りで・・特に車輪の研究に余念がありません。

あれは1ヶ月半くらい前だったかなあ、キッチンで料理している私に、Wheely Bugを抱えて運んできてくれたのです。ハンドルを両手で持って、えいしょえいしょ、と。。赤ちゃんにとってはかなり重いと思うんだけど、それ以来何度も持って来てくれるようになりました。

一生懸命両手で抱えて運ぶさまが、ものすごくかわいくてつい笑ってしまうんですよ。

それから、これは数週間前から・・ぬいぐるみとか本とか持ってきて、すぐに受け取らないと私の手をとって「はい」と持たせてくれます。小さなあったい手(いつも湿ってる・・)で。。もう、それやって欲しいがために、すぐには受け取らずにちょっと知らんぷりしたりして。

ぬいぐるみといえば、ぬいぐるみやニャンズへの愛情表現。これがまた、激しいんだな~。本人『なでなで』してるつもりなんだろうけど、バンバン打ちまくり。平手です。ニャンズが床やソファに寝転んでる時は頭突きしたり枕にしたり。。自分の方にひきよせようと尻尾をぐいとひっぱったり、耳をちぎれんばかりに引っ張ったり。ニャンズは驚くほどに辛抱強く、ひたすらじっと耐えています。(イテテテ・・みたいな感じになってますが)

そして、この頃は私が「可笑しいねえ」と言うと、笑うようになりました。

例えば、ひげちゃんを指差して(ひげちゃんは寝てるだけ)「ひげちゃん、可笑しいねえ」と言うとそちらの方向を見てカカカと笑うんです。日常の中で、何でも私が「可笑しいね、面白いね」と言ったら「そうか、ここは笑い所かっ」と思うらしく、必ず笑ってくれます。

なるほど面白いという感覚はこうやって周りの大人によって作られてゆくのだな、と思う瞬間です。ただ、本人ほんとに面白いとは思ってないな、という時は「あはは」とトシちゃん風の乾いた笑いだったりします。(あ、また昭和の匂いが・・) つきあい笑いってやつですね。きっと。赤ちゃんのくせになかなか義理堅いです。

あとは・・ごきげんな時はいつもずっとおしゃべりしています。

あれはナン語というのかなあ・・ポトポトした感じの、ポルトガル語っぽい言葉でえんえんと。。一人でしゃべり続けてたまに笑いをはさんでいるとこを見ると、何かしら意味のある事を言ってるらしい・・でも何言ってるのか分からないのですごく気になります。

起きていきなりしゃべりが始まることもあって、そういう時はきっと今見た夢の話かなんかしてるのかなあ。面白い子です。

あと何か書こうと思ってたんだけど忘れちゃいました。とりあえず、今日はこのへんで・・
テーマ:★★1歳児の日常★★
ジャンル:育児
避けた方がよいおもちゃのリスト
2007年11月14日 (水) | 編集 |
■このホリデーシーズンのギフトとして避けた方がよいおもちゃ

(記事はこちら)

北米にお住まいの方、ご参考までに・・

うちもなるべく中国製は避けているのですが、今北米で中国製以外の物を見つけるのはむしろ難しいくらいですねえ。

中国の最大手顧客とも言われる某Wマートなどは、多分ほとんどの物が中国製かと・・。IKEAもヨーロッパの企業なのに、製品は made in China が多いし。

結局なるべく日本製かヨーロッパ製のものを日本で買って実家の母に送ってもらう、というパターンが多いです。

あまり神経質になりすぎるのもどうかと言われるかもしれませんが、何でも口に入れるこの時期は特に安全なおもちゃを選んであげたいのが親心。

ちなみに、鉛が含まれているかどうかをテストするキットもあります。
これ↓。Lowe's(北米のホームセンター)などで買えます。お値段は4ドル程度。
717834814955md.jpg



テーマ:★★1歳児の日常★★
ジャンル:育児
1年検診
2007年11月14日 (水) | 編集 |
あー坊じゃなく、私のです。10月30日、産後1ヶ月検診から1年目の検診に行ってきました。

いつものように夫に早く帰ってきてもらって家族3人でお出かけです。(夫の会社はフレックスタイム制なので、フルに活用しています。この日も早朝出勤して早く退社したのです。)

検診は問診と内診、ヘモグロビン検査と癌検診です。結果はどれも良好でした。

ただ、マンモグラフは授乳しなくなって半年しないと出来ないので、まだ保留です。

授乳していて日常で気をつけるよう言われたのは、カルシウム補給。一日最低3回乳製品を摂るか、サプリメントを飲むように指導されました。私はまだ産前産後用の総合ビタミンを飲んでいて乳製品も牛乳とヨーグルトを食べているので合格です。

そしてドクターにもうすぐ生理が始まるが、その前に排卵があるのでまだ妊娠したくない場合は気をつけるように、とも言われました。(うちは高齢なので、もしまた妊娠できるのであればいつでもオッケー)

そのドクターの予言(?それとも内診の時に前兆が分かったのか)のとおり・・今朝きました。花印・・実に2年ぶり・・もうすっかり忘れてましたよ、この感覚。

どうりで最近髪がベタつくなと思ってました。

とりあえず、まだあがったわけじゃなかったので二人目も可能、ということです。ヨカッタ・・
テーマ:★★1歳児の日常★★
ジャンル:育児
風邪ひきさん&リフレクソロジー
2007年11月13日 (火) | 編集 |
☆1歳2ヶ月と7日☆

あー坊、先日のインフルエンザ予防接種のせいか、週末外出した時にどこかから風邪をもらってきたのか、昨日から鼻水じゅるじゅるで辛そうです。

夕べは特にひどくて、ずっと私の上で抱っこのまま寝てたので母はさすがにちょっと肋骨が痛いです。

今日も一日中鼻水まみれ。嫌がってなかなか拭かせてくれないので、涙と洟とよだれ(これは鼻がつまってて口あけて呼吸してるのと奥歯が生えてきてるせい)でどろどろのべちょべちょ・・

もしかすると足が冷たいのかも・・と思い、いつもは裸足なのですが今日は靴下をはかせていました。靴下だけだと嫌がるので靴も。そしたら鼻の通りが大分よくなって今はぐっすり寝ています。やっぱり足が冷えると良くないのですね。今度から気をつけよう。

さてさて、先週からまた妊娠前にやってたリフレクソロジーを始めました。

全身する時間はなかなかとれないので、とりあえず足の裏だけ。

久しぶりに足の裏をマッサージしたら、思ったより柔らかくてびっくり。もっとカチコチに固まってるかな・・と予想していましたが、意外と健康だったみたいです。

以前、妊娠しやすくなるというツボをマッサージしていたら妊娠したので・・もちろん他にも色々やってたので相乗効果だとは思います・・近い将来二人目が出来たらなあと思って。

ま、いちおう調子は整えておかないと、ね。


●ちょいPR・・私サイトのレシピに離乳食もupしてみました。

テーマ:★★1歳児の日常★★
ジャンル:育児
ためて・・
2007年11月09日 (金) | 編集 |
☆1歳2ヶ月と3日☆

今日は急遽病院へ予約を入れて、インフルエンザの予防接種に行ってきました。

というのも、私達の住んでいる州で今年に入って3人の子供がインフルエンザで亡くなっているというニュースを夕べ聞いたからです。

赤ちゃんが最優先なのであー坊は運良く受ける事ができたのですが、今ワクチンが不足していてもうすぐなくなるということでした。北米にお住まいの方は、お早めに・・

今回は診察なしの注射だけだったので、パンツを脱いで診察台の上へ寝かされてすぐに太ももにブスリ!

あー坊、ほんっとう~に痛い時にはすぐには泣かないんです。

みるみる顔が真っ赤になって・・目をぎゅっとつぶって口をゆっくりとおーんと開け、しばらくためてから声にならない声を出して泣き始めます。

その様子がいかにも痛そうで、いつも私までかわいそうで泣いてしまいそうです。

でも一方でそれがすごく可愛らしくて、「もっぺん見たい・・」とか思ってしまういけない母・・

ためるのは痛い時だけじゃありません。

毎日の日課、リビングとキッチンを往復して走るときにもためてます。

まず、片足をちょっと出して前のめりになり、ためてためて・・走り出します。毎回毎回やってます。

私がそれに合わせて「よーい・・・・・どんっ」とかけ声をかけると、運動会の徒競走みたいにポーズをつけてやってくれます。

それから前にも書いた「いないいないばあ」の時にもやっぱりためてます。

ためてる間、自分でもおかしいのか笑い出したりして。何なんでしょうね。ためるのがブームなのかな。
テーマ:★★1歳児の日常★★
ジャンル:育児
時差ボケ・・
2007年11月07日 (水) | 編集 |
☆1歳2ヶ月と1日☆

いつの間にか14ヶ月に入っていました(・∀・;) 昨日は6日だったのね・・気付かなかった。

今週から夏時間が終わって時計を1時間戻しました。

あー坊はもちろん夏時間での生活パターンのままなのですが、寝る時間(昼寝も含めて)や食事の時間が1時間ずれたせいか、ちょい時差ボケぎみ。

低血圧の母に似たのか眠いとやたらとぐずるあー坊。お腹がすいてもぐずるので、特に両方が重なる夕方5時頃になると大変です。今頃夕暮れコリックか?ってくらい。。

新しい時間割に慣れるまではしょうがないですね。

ところで、先日初めて揚げ物を食べさせました。

さいの目に切った白身魚にうすく片栗粉をまぶして揚げたものです。

試食してみると結構歯ごたえがあったので「どうかな~」と思ったのですが、丸呑みあー坊が・・もンのすごく咀嚼して食べていましたよ。最低20回は噛んでましたね、あれは。

咀嚼の練習には揚げ魚、これからはこれでいきます(笑
テーマ:★★1歳児の日常★★
ジャンル:育児
【39週目の胎児】
2007年11月07日 (水) | 編集 |
■この週までに、胎児の皮膚を覆っていた胎脂と胎毛はほとんどなくなりますが、誕生の時その痕跡を見ることもあります。

■胎児はこの頃、(少々母親の助けがありさえすれば)体温を保つのに充分な皮下脂肪を蓄えています。誕生時の健康的でまるまるとした赤ちゃんらしい見た目はこの脂肪によるものです。

■身体の成長が追いついてきたとは言え、一番大きな部分はまだやはり頭部です。そのため、頭から生まれてくるのが一番良いのです。

■付け加えて言うと、この週胎盤は引き続き胎児に抗体・・バクテリアやウイルスから守るのを助ける蛋白性物質を供給し続けます。これらの抗体は、出生後6ヶ月間赤ちゃんの免疫システムが感染をくい止めるのを助けてくれるのです。このうちのいくつかの抗体は、出産後母乳によっても供給されます。

■39週までに、胎児の体重はおよそ7パウンドから7.5パウンド(約3200g~3400g)ですが、この頃になると赤ちゃんによる個体差がとても大きいです。39週の赤ちゃんの体重が6パウンドから9パウンド(約2700g~4100g)というのは普通です。

(MAYO CLINIC GUIDE TO A HEALTHY PREGNANCYより翻訳)

~・~・~・~・~
この頃は確か、胎児(あー坊)も大分下がってきてて、子宮口も少し開いていました。座るときも腿の上にお腹をどっこらしょ、と持ち上げて置いてたなあ。。ああ、懐かしい。

ところで、これから出産を控えていらっしゃる皆さんにちょっとだけアドバイスをば。

よく言われているように、赤ちゃんが生まれてきたら半年は家のことや自分のことは何も出来ないと思っていて間違いないです(私の場合は14ヶ月の現在も・・汗)。

まだ身軽なうちに(身重ですが)出来ること・・

例えば、家中の整理整頓、出産後のご飯の準備(おかずを作りだめして冷凍しておくと便利)などは出来る範囲でやっておいた方がいいと思います。

それから授乳する場所を作って、自分の周りの手の届く場所に何もかも揃えておくと便利だと思います。(クッションや枕を沢山、コップや小物などを置く小さなテーブル、タオルやガーゼを入れるカゴなど)

私は自分たち夫婦だけだったので特に「ああ、出産前にあれもやっておけば良かった、これも準備しておけば良かった・・」と後悔する事が山程ありました。

「出産してからぼちぼちすればいっかあ」

というのは大きな間違いでした!(笑

もう、うちなんて「出産後に掃除しよう」と後回しにしていた状態がそのまま1年以上・・(・∀・;)

この時期あたり、お医者さまから「陣痛をつけるために動くように」と言われている方は、もうどんどん掃除とかしちゃって下さい(笑 

でも安静を言われている方は安静になさっててくださいね。



<<【38週目の胎児】【40週目の胎児】>>

テーマ:マタニティライフ
ジャンル:育児
【38週目の胎児】
2007年11月07日 (水) | 編集 |
■これまでの数週間、胎児は内蔵をつくること以上に機能を向上させる発達をしてきました。脳や神経システムの働きは日毎よくなってはいますが、この発達は子供時代・・十代後半までも続きます。若年時の薬物やアルコール使用が、外見の変化はなくても深い所でダメージを与える危険性があるのはそのためなのです。

■この月、胎児の脳は呼吸や消化、正常な心拍、食事というとても難しい仕事をこなす準備をします。

■38週目の胎児は、体重約6パウンド13オンス(約3kg)、CRLは約14インチ(約35.5cm)です。

(MAYO CLINIC GUIDE TO A HEALTHY PREGNANCYより翻訳)

~・~・~・~・~
これを書いているのは出産1年2ヶ月後。

37週目まで書いて力尽きてしまって(笑 ずっと気になっていたのですが、肝心の本がどこかへいってしまって・・ずっと探していたものを今日やっと見つけたのです。

38週目というと、「今日生まれるか、明日生まれるか」と毎日心待ちにしていた頃です。お腹も相当大きく重くなって、歩くのもやっとでふうふう言いながら散歩に行っていたのを懐かしく思い出します。

今妊娠中のみなさん、もうすぐベビーちゃんとご対面ですね。あともう少しです。がんばってくださいね!


<<【37週目の胎児】【39週目の胎児】>>
テーマ:マタニティライフ
ジャンル:育児
叱られたあー坊
2007年11月05日 (月) | 編集 |
☆1歳1ヶ月と30日☆

昨日のことです。

オーブンを使った料理をしてて、あー坊がリビングにいる隙にちょっと開けてトッピングなどを加えていた時・・

ものすごい素早さであっという間にキッチンにきていたあー坊。興味津々でオーブンの扉に触ろうと近づいてきました。

思わず「ノー、ノー、ノー!!!」とあー坊を突き飛ばすと、一瞬固まって・・大号泣。。

普段はあー坊がどこへ行っても何を触っても安全なようにしてあるので、しちゃいけないことはほとんどないのですが、この時ばかりは私も声を荒げてしまいました。

うちのオーブンは床に置くタイプでかなり大型なのでいつも気をつけていたのですが・・リビングにいるから大丈夫だろうと安易に扉を開けた私の不注意でした。

生まれて初めて叱られたあー坊。。

ぎゅっと抱きしめて、オーブンは熱くて危ないこと、怒ったわけじゃないことを説明して、私の不注意だったことを謝りました。

「お~んお~ん」と鼻水たらして泣きながら、私にしがみついてくるあー坊を見るとものすごい罪悪感でこころが痛みました。

でも、危険なことはたとえ反射的に手をあげることがあったとしても危険だと教えないといけないんですよね。心を鬼にして。

私も親としてノーを言うべきところでは強く言えるよう、強くありたいと思いました。

でも今回のはやっぱり私の不注意なので深く反省。これから気をつけようと思います。
テーマ:★★1歳児の日常★★
ジャンル:育児
ごっこ遊びとマイブーム
2007年11月03日 (土) | 編集 |
☆1歳1ヶ月と28日☆

おとといはなぜかずっとハイハイしていたあー坊。

「今日は赤ちゃんですか?」

と言うと、ニコニコしてました。どうやら赤ちゃんごっこみたいです。

お外に出ても、わざとヨチヨチ歩きで『赤ちゃんのふり』(本人まだ赤ちゃんだけどね。。)してましたよ。面白いなあ、あー坊。

赤ちゃんごっこは自分だけじゃなくて私にも強要します。食事用のビブを持ってきて、私や夫に差し出すんです。

差し出されたら、襟元に当てて「赤ちゃん、えーんえーん」と言うのがルールです。一日に何度も何度もさせられます。とほほ。。

それと、「いないいないばあ」ごっこも最近よくやっています。

壁やカーテンの後ろにかくれてひょいっと顔を出すパターンと、顔だけ後ろを向いて振り返るパターンがあります。

いつもいきなりごっこが始まるので、母はすかさず「いないいない~」を言わなくてはいけません。

「ばあ!」でうれしそうにこちらを向いて、きゃっきゃと笑います。

顔だけ後ろを向くパターンは、最初何度か首を振った後にこころもち後ろの方に顔を向け、目線だけそお~っとこちらの様子を横目で伺っているのでピンときます。

そして最近のマイブーム。

後ろ歩きとスキップ。

多分・・外で歩く時、私が先に立ってあー坊の方を見ながら後ろ向きに歩くのですが、それが面白いと思ったみたいです。

後ろにまっすぐだけじゃなく、ぐるぐる回ったりもします。不思議なのは、なぜか後ろ向きなのにテーブルとかの障害物を上手によけるんですよ。部屋の中の配置を覚えているのかなあ。

スキップは・・ぎこちないですが、ひざを曲げてリズムをとりながらやってて面白いです。

大人がすることをじっと観察してて何でも真似するので、そろそろ何か芸を仕込もうかと企み中。ふふふ。何を教えようかなあ。
テーマ:★★1歳児の日常★★
ジャンル:育児
リラックス、リラックス。。
2007年11月01日 (木) | 編集 |
☆1歳1ヶ月と26日☆

(前半部分を1週間くらい前に下書きしていたものに追記しました。長いです・・)

最近ちょっと低迷ぎみだったんですよ。

最近のあー坊はなんだかご機嫌斜めのことが多くて・・特に明け方変な時間に目が覚めてしまった時など眠くて一日中ぐずぐずすることも。多分寒くてあまり散歩に行かないせいもあるのかもしれません。

ぐずりの日は、もう一日抱っこ抱っこ、おっぱいおっぱい。。

ご飯の支度にキッチンにいると、足下に来て「抱っこ~」。かまってあげないと、のけぞって後ろに倒れて頭を打ったりして危ないので、何も出来ないのです。かといってお腹がすくと余計に不機嫌になるのでご飯の支度は超手抜きの超特急です。

今日はおんぶで料理したのですが、後ろにのけぞって嫌がるし下に降りたがって泣くのをなだめながら・・ふう。。

そうやって作った離乳食もこの頃あまり食べたがらないし。

そしておむつ交換。

これがまたけっこう大変なんです。

ぬれたおむつをはずして新しいおむつの上に寝かせると、即座にひゅるんっと寝返ってじっとしていないので、何か興味をそそるもの・・腕時計とか血圧計とか、スペシャルなものを持たせて、それらを研究している隙にシュッと装着するのです。

ところが最近はもう、スペシャルな物がだんだんとなくなってきて・・動かないように取り押さえておむつをつけることも出来ないし走り回るしで、ものすごい時間がかかるんです。

一番困るのは、泣かれること。

普段あんまり泣かない子なので、たま~にギャン泣きされると・・それも大暴れで抱っこするのも難しいほどに長時間泣かれると、放心状態になってしまいます。

でも、辛いのはこれらが夫がいる時に起きたとき。

不思議なのはあー坊とふたりっきりだと、どんなにぐずっても、どんだけおむつ替えに時間がかかろうと、大暴れで泣かれようと、精神的には割と平気なんですよ。

私よりもあー坊の方がずっと辛いだろうし、赤ちゃんは泣く以外に自分を表現する手段が無いんですものね。

で、なぜ夫がいる時に限ってこれらがストレスになるのかというと・・

夫に期待してしまうから。

期待といってもあー坊のおむつ替えやお世話などを手伝って欲しいということではなく、

「あー坊のことで手一杯なのに、夫の世話までしなきゃいけないなんて。。せめて自分の食事の支度くらい自分でしてくれたら・・」

という方向への期待なのですよ。ひどい妻ですねー、はい。

(ちょっと補足説明させていただくと・・ウィークデーはあー坊のペースに合わせてゆっくりペースで夕食の支度も日中時間がとれた時に出来るのでいいのですが、問題は夫が家にいる週末なんです。あー坊の昼寝が長くなって午後1時2時になったりしたら、普段だったらあー坊と自分のご飯を適当にちゃっと作ってすぐに食べられるのですが、夫の分もとなるとちゃんと作らなきゃいけない。で、昼食が2時とか3時とかになってしまって、私もぱたぱたしてお腹も空いてるしもうカリカリしちゃうんですよ。そういう時、夫だけでも先に何か食べててくれたら・・とか思うんです。本人は多分一人だけ先に食べちゃ悪いと私達に気をつかってるみたいなのでほんとはこんな事考えちゃいけないんでしょうが・・)

そして、

「私はこんなにがんばって大変なのよ、結構辛いのよ」

と、自分がいかに大変で疲れているのかをアピールしたいのとで、不満がむくむくとわき上がって来て・・たぶんものすごい形相してると思います。

これはあー坊が生まれた時から何度もある状況で(特に産後すぐはひどかったなあ。。)、よく夫にストレスを吐き出してすっきり、ということが何度もありました。

夫は、私がいつも辛抱強くて頑張り屋だと思っているフシがあって、何も言わない=平気だと思うらしいので、私も疲れているとか参っているとか(怒っているとか)ちゃんと言うようにしているのです。

私も話したらすっきりするし、夫も私がストレスを感じていたことを理解してくれるので、それだけで結構気が楽になることが多いです。(でも「自分の世話は自分でしてくれ」とはさすがに言えません。それだけはいくらなんでもねえ・・)

ストレスを感じている時、いつもひとつだけはっきりと言っていることは、

『そのストレスはあー坊本人に対してではなく、その場の状況に対してである』

ということ。どんなにきつくても、頭にきても、それだけは自分にも夫にも、そしてあー坊にもちゃんと言っています。あー坊が、自分が親のストレスになっていると感じてしまわないように。

育児中のストレスって、私の場合は子供が原因なのではなく、自分の心の持ちようが問題で・・そしてそれは上にも書いたようにほぼ100%夫への不満だったりするわけで・・だから、そこのところは冷静になってあー坊のせいだとすり替えて思ってしまわないように気をつけています。

本当はあー坊の前で自分の不満を夫にぶつけたりするのはよくないなあと思うのですが、あー坊ぬきで夫とふたりっきりになることがないので。。子供の前で愚痴とか言うのって、よくないですよね・・深く反省。。

私がイライラしているとあー坊も敏感に察知してあまり笑わないんですよ。もう、そうなるとほんとに罪悪感。。

これじゃいかん!と、リラックス大作戦を試みてみました。

まず、最近のストレスになっていた食事は下の記事のように肩の力を抜いてカジュアルスタイルでいくことにしました。これだけでもほんとに精神的に楽。。

それから、『家事がはかどらなくてもいいじゃないか』と開き直り作戦。

シンクに洗い物がたまっていようとも、掃除が出来なくても、洗濯物がたまろうと、「時間が見つかった時にすればよい」とおおらかになるよう努力。

「死ぬ訳じゃないし」が究極の決め台詞です(笑

それから笑うこと!

これが実は一番大切だったりします。

とにかく声を出して笑う。私が笑うとあー坊も、それはかわいらしい声でコロコロと笑ってくれるんですよ。赤ちゃんの笑い声って、不思議な癒し効果がありますよね。どんなに疲れてもイライラしてても、この声と笑顔で気持ちがふんわりとなります。

リラックス大作戦のおかげで私も気が楽になって、あー坊のぐずりもおさまってきました。頭ゴンゴンもあまりしなくなって・・きっと私がピリピリしていたのを敏感に察知していたのかもしれませんね。反省。
テーマ:★★1歳児の日常★★
ジャンル:育児
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。