2006年9月に高齢初産で男の子を出産しました。 ぼちぼちと育児日記を綴っています。2008年1月と2月は絵日記もちょこっと。
ごきげんななめ
2008年11月14日 (金) | 編集 |
☆2歳2ヶ月と7日☆

今日のあー坊はよく泣く一日でした。

空気が乾燥してて鼻がつまっているせいか、お昼寝が足りないせいか、どうもぐずぐずしてちょっとしたことで大泣きするんです。

牛乳やジュースを何度も何度も欲しがって、しかも

「しんかんせんのかっぷで」

「すとろーでのむ」

「はあとのついたの(これは夫の豆乳のこと。容器にハートがついてる)」

「だでぃのじゅーす(グレープフルーツジュースのこと。あー坊のはりんごジュース)」

と、要求もいちいち細かくて・・

ジュースは水で味がしないくらいに薄めてあげてるのですが、あんまり飲みすぎるのも食事にひびくし冷蔵庫を開けて欲しいから言っているところもあるのでダメだと言うと

「ぎゅーにゅー、のむ。ぎゅーにゅー、のむ。ぎゅーにゅー、のむ。ぎゅーにゅー、のむ。ぎゅーにゅー、のむ。ぎゅーにゅー、のむ。ぎゅーにゅー、のむ。ぎゅーにゅー、のむ。ぎゅーにゅー、のむ。ぎゅーにゅー、のむ。ぎゅーにゅー、のむ。ぎゅーにゅー、のむ。ぎゅーにゅー、のむ~~~~~。うわあ~~~~ん!」

と号泣。。

あー坊、自分の要求を通そうとするときは同じことを何度も何度も繰り返して言うんですよ。

例えばカウンターの上にあるものを見たい時、抱っこしろと手を伸ばしながら

「なに?みたい。みたい。みたい。みたい。みたい。みたい。みたい。みたい。みたい。みたい。みたい。みたい。みたい。みたい。みたい。みたい。みたい。みたい。みたい。・・・・・」

一日中この調子だったので、私も精神的にちょっと参ってしまいました。

まあ、こういう日もありますね。

でも大好きなダディが帰ってきたらいつものごきげんなあー坊に戻ってくれました。

今朝は朝の9時頃に

「だでぃ、おそいねぇ」

お昼寝から覚めたら

「だでぃ!?」(夫が階下にいると思って)

午後にもなんどか

「だでぃ・・」

とつぶやくほどに待ちかねていたので、よほどうれしかったのでしょうね。

そのことを夫に話すと、風邪で具合が悪かったのも吹き飛ぶほど喜んでいました。
テーマ:2歳児の日常
ジャンル:育児
プレイドウとクラス
2008年11月12日 (水) | 編集 |
☆2歳2ヶ月と5日☆

先週末はパペットショーへ行ってきました。

あー坊はじっと席に座っているかと心配でしたが、ねずみが主役のショーが面白かったらしく、私の膝の上でじーっと舞台を見つめていました。

その後はグローバルマーケットを見て回って、フードコートでお昼を食べました。

あー坊もストローラーの上で私のチキンやサラダを沢山食べて、生演奏のバンドに合わせて身体を動かしてごきげん。楽しい週末でした。

そして昨日はいつものクラスへ。

最近のあー坊はプレイドウが大好きで、先週小麦粉でプレイドウを作ってあげて以来、毎日

「なにつくる?ぷれいどーする」

と、私に色んな物を作ってくれとリクエストしてくるんです。(主に『ごみしゅうしゅうしゃ』と『ぱとかー』)

今までクラスでプレイドウに全然興味を示さなかったのは、家で遊んだことがないからなのかも・・と、試しに作ってみたのですが、意外と好きだったみたいです。

教えないものは知らないので、当然ですよね。これからは「好きじゃないかも」という先入観は捨てて、どんどん色んなものを紹介してゆこうと思いました。

と、それはさておき、最近プレイドウ・ブームなのでクラスでも遊ぶかな~とちょっと期待してたら、他にもっと楽しいものが沢山ありすぎて、またしてもプレイドウのテーブルには見向きもぜず、でした。

ところがです。昨日はその後いつもと違うことが起こったのです。

いつもは私に連れられてしぶしぶ行くジムへ、なんと自分から率先して行ったのです。

しかもジムタイムの5分前から。

そして、初めて自分から車に乗って(中に入って足で動かす車)自分で動かしてました。

この車、何度さそっても嫌がってたのに・・どんな心境の変化だったのでしょうか。

15分のジムタイムの間ずっと車に乗ってて、クラスへ戻るときは泣くかなあと思ってたのですが、

「クラスへ戻るよー。さあ、車、バイバイしようね。」

と言うとすんなりと降りてくれました。

あー坊は結構こういうとこ聞き分けが良くて、

「バイバイしようね」

と言うと、たいていのものは諦めて

「○○、ばいばーい。またねー」

と自分から離れてくれるので助かります。

子供達がクラスへ戻ったら、親はミーティングルームへ移動です。

昨日は『しつけと罰について』というテーマでの話し合いで、30分のミーティングを終えてクラスへ戻りました。

さてあー坊は・・と探してみると、あれ?いません。

おかしいな~と、もう一度よく見回してみたら私のすぐ近くの足元にしゃがんで車で遊んでいました。ち、近すぎて見えなかった・・

私が話しかけると、ナチュラルにその車の話をはじめて、いなくなっていたことも帰ってきたことも全く気にもとめていない風です。

あー坊、昨日もいつもどおりのマイペースでした。

クラスは相当好きみたいで帰りの車の中でも

「くらす、たのしかったねー」

寝るときにも

「くらす、たのしかったねー」

そして今日も何度も何度も反芻するように言っておりました。

また来週も行こうね。
テーマ:2歳児の日常
ジャンル:育児
明日で2歳と2ヶ月
2008年11月06日 (木) | 編集 |
☆2歳1ヶ月と30日☆

あー坊は一ヶ月くらい前から私のことをふざけて『おばさん』と呼ぶようになりました。

「おかあさんでしょ?(自分を指差して)これ、だあれ?」

と改めて聞いても、さもおかしそうに笑いながら

「おばさーん!」

まあ、おばさんだけどね。いいけどね。それにしても一体なんで突然・・

そして夫のことは時々ファーストネームで呼んだりもします。これは私が呼んでるのを真似してるのですが、名前を呼ぶときは明らかに面白がっています。

今朝は、寝室から階下へ降りて行くとき、まだ寝ていた夫に

「バッバーイ、ダディさん」

と言っておりました。2回。

あー坊、なかなかのけすいばっちょ(うちの方言でいたずら好きな、とかいう意味。標準語よりもこの言葉がぴったりくるので)です。

そんなあー坊、相変わらず積み上げるのが好きで、暇さえあれば色々なものを積み重ねてタワーを作っています。

最近は積み上げる技もかなり上達して、不安定な形のものを器用に重ねては自分で

「ぜつみーなばらんすとってるね」(絶妙なバランスとってるね)

などと自画自賛。確かに私でも難しいようなバランス技で驚かされることもしばしば。

崩れて落ちてしまっても、以前のように号泣したりせず

「ティンバ~~」(timber:木などが倒れるぞーという意味)とか

「ウップス」

とか言ってしれっとして、崩れてもまた元に戻せるという自信というか精神的に余裕が出てきたようです。

気がついてみると、最近は本当に泣くことが少なくなってきて、一人遊びの時間もどんどん長くなってきています。

明日で2歳と2ヶ月。

2歳になったばかりの頃からすると目に見えてお兄ちゃんになってきているあー坊。来月になったら、もっと成長しているのかなー。
テーマ:2歳児の日常
ジャンル:育児
夫と幼児クラスへ
2008年11月05日 (水) | 編集 |
☆2歳1ヶ月と29日☆

毎週火曜日はあー坊のクラスの日。昨日は夫も半休をとって家族全員で参加してきました。

教室へ入ると、すでに慣れたあー坊はさっさと自分の興味のあるおもちゃのところへ。

サークルタイムはやはり興味がないらしく、他の子が皆お母さんのひざの上に座っている中、相変わらず一人だけ自分の世界へ・・私がひざにのせたら、ものすごい抵抗されて逃げられてしまいました(・∀・;)

なんで?家ではいっつも私にべったりのくせに。クラスでは全然抱っこをせがんだりしないんです。

次のテーブルタイム(テーブルの上にプレイドウや色塗りセットが用意されている)では、車のおもちゃに絵の具をつけて紙の上をころがしてタイヤで絵を描くというのが用意されてて、初めてテーブルについてくれました。

画用紙2枚を使って両手で車を転がし、ダイナミックに描かれた(親ばか)絵は、帰る頃にはちゃんと乾かしてもらっててお土産に持って帰ってきました。

そしてジム。これは別室にあるので部屋を移動して身体を動かす遊びをするもので、いつも苦労してなだめて嫌々ながら連れてゆくのですが、昨日は夫もいっしょだったので

「ジムへ行くよ~、おいで~」

と、夫と二人で呼んだら結構すんなりとついてきてくれました。ほっ

・・としたのも束の間、結局また一人だけ教室の方へ戻って行ってしまったのですが。。ま、いっか。

その後は親のミーティングです。

今までは同じ部屋にあるテーブルで行っていたのを、少しずつ子供と親を別々にするという練習も兼ねて、これからは別室で行うことになりました。

遊んでいるあー坊を残して別室へ行き、30分のミーティングを終えた後「あー坊、どうしてるかな?泣いてないよねぇ。」などとと夫と言いながらクラスへ戻ってみると・・

ほぼ全員の子供達が泣きながら親を探していました。

あー坊を除いて(・∀・)

やはりそうか・・

あー坊は私達が教室へ帰ってきたこともさして気にもとめず(てか全然気づかず)、何かに夢中で遊んでいました。

うすうすは感じていたんですが。

あー坊、『安全だと分かっている場所』では私や夫がいなくても一人で楽しくやっているようなんです。

むしろいない方がのびのびと自由に遊べていいと本人は思っているかもしれません。

もしかするとサークルタイムで私のひざに座るのを拒否するのも、そんな独立心の現れなのかな。

それじゃー家だったら大丈夫?と、いつもサークルタイムで歌う手遊び歌を、家でも歌ってみたら

「ノゥ」

ときっぱり断られました(T▽T)

どうやらサークルタイム自体が赤ちゃんぽくて嫌なのかも。

いつものように一人だけマイペースなあー坊を見ながら、ミーティングで出てきた

「育児のゴールのひとつは、子供の自立を上手に促すこと。」

というテーマを思い出しながら、夫と

「あー坊はそういう点では結構自立してるよね。」

という話をしつつ帰ってきたのでした。
テーマ:2歳児の日常
ジャンル:育児
初めての歯磨き
2008年11月03日 (月) | 編集 |
☆2歳1ヶ月と27日☆

今日もいつものように「ごはん、たべう」(注:最近は『たべゆ』→『たべう』になってます)と5時半起床のあー坊。

ご飯を用意していると、シリアルをリクエストしてきました。

いつものバナナ入りCheeriosにミルクをかけたのを出してあげたら、先日あー坊用に買った新しいボウルとスプーンがものすごく気に入ったせいか、今日はいつになくパクパク食べています。

なんと今日は朝、昼前、昼、夕と、4回もシリアルを所望して完食してました。もちろん

「あおいうつわとすぷーん」(青い器とスプーン)

でのリクエストです。

なんだ、こんなことなら早く専用のかわいい器を買ってあげればよかった。今まで大人と同じ食器だったから、自分のものっていうのがうれしかったのでしょうね。

シリアルばっかりはちょっと困るけど、何よりあー坊が自分で食べることを楽しんでくれるというのは喜ばしいことです。

さて、今日は他にももうひとつうれしいことがありました。

なんと、あー坊が自ら私に歯磨きさせてくれたんです。

歯ブラシを口に突っ込まれるのが大嫌いでいつも逃げられるので、今まで歯の掃除は私の指できゅっきゅと磨いてあげてたんです。

ところが今日突然、先日買った新しい歯ブラシを指差して「しゅわしゅわ」と言うので、試しに口に入れてみたら全然抵抗されずにスムーズに磨くことができました。

↓これ。


シリコン製で柔らかいのと、形が歯ブラシっぽくないので興味を持ったのかもしれません。

私が自分の口に入れて、面白おかしく「あぐあぐあぐ・・」と言いながら動かすフリをしたら自分もやってくれと口を開けてくれました。

上下の歯をはさむようにして口を閉じさせ、左右に動かすだけでほとんどの歯の裏表がいっぺんで磨けます。

本人も新しい遊びだと思ったのか楽しそうだし、思ったよりもけっこうきれいに磨けるので、これは買って大正解でした。

ちなみに北米でも同じものが買えます。

こことか。1個6ドルくらいです。
4126.jpg

歯磨きがなかなかさせてもらえなくて困っていたのですが、これで歯磨き習慣がつけられそうです。

仕上げ磨きで苦労されてる方、ぜひお試しあれ!
テーマ:2歳児の日常
ジャンル:育児