FC2ブログ
2006年9月に高齢初産で男の子を出産しました。 ぼちぼちと育児日記を綴っています。2008年1月と2月は絵日記もちょこっと。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
頑張り通す
2018年11月08日 (木) | 編集 |
私は、自分で考えて頑張り通すこと、忍耐強くなることはとても大切なことだと思っています。

でもそれは、自助努力とか滅私奉公とか根性論とか学校や社会が個人に求めるような美談的なこととは全く別です。

自分が本当に興味のあることややりたいことを実現するために必要な力として鍛えてほしいのです。

ポジティブ思考だけで人生何とかなると、フワフワしたままで何とかなる人もいるのかもしれませんが、それって本当に楽しいの?と思うのですよ。

目標に向かって頑張る、試練に耐える、という経験を通して得られる達成感や充実感、自信、そういうものは魂を震わせるほどの喜びだと思うのです。

厳しい中に身を置くことによって研ぎ澄まされる、心の筋力みたいなものをつけた人は、生き抜くエネルギーも高いですよね。

心の筋力がつくと、どーんと安定して自分のまわりもよく見えるようになります。自分が安定すると見返りを求めることなく人に優しくできるようになります。何かに依存する必要もなくなります。自分で考えて道を切り開くことができるようになります。

親や学校は、子供達のそういう力をつける手伝いさえ出来れば、それでいいと思っています。

堤未果さんの著書『社会の真実の見つけかた』のあとがきに、すてきなことが書かれていましたのでご紹介して終わります。

〜・〜・〜・〜・〜・
ならばつまづきそうになった時、大人はどうしたらいいのだろう?

私が苦しい時そっと目を閉じて向かうのは、記憶の中の教室だ。

生徒が疑問を口にすると、先生たちが嬉しそうににっこり笑う。答えをくれる代わりに、その問いを気のすむまで追いかけなさいと応援される。友だち同士の喧嘩やいじめ、恋愛に家族、将来の夢・・・、起こることに善悪はない、逃げずに向き合い、深く考え、自分だけの結論を出すプロセスにこそ価値があると教えられた。

わかったふりをしないこと。どんな結果になってもよし、先生たちは◯もXもつけなかった。どのみち体験から学んだことしか残らないのだから、失敗しないよう親や先生が手を出しても無駄なのだ。やってごらん、見守っているから。そうやって一つひとつ自分で手に入れたものは、いつしか本物の自信にかわってゆく。

そして先生が私の中にまいた種は、社会に出てから何度も繰り返し花開き、そっと背中を押してくれた。

教育が人間を育てる種まきだとしたら、すぐに結果が出なくても、その子の中にある善きものが気を熟し花開くのを信じて待つ余裕を、先生や親が持てるかどうか。その環境を整えることが、国や行政の役目だろう。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。