2006年9月に高齢初産で男の子を出産しました。 ぼちぼちと育児日記を綴っています。2008年1月と2月は絵日記もちょこっと。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ソフロロジー法
2006年01月30日 (月) | 編集 |
9週1日→【訂正】9週4日

-・-・-・-・-

私はずっと、妊娠・・というよりも出産に関して非常に恐怖心を持っていました。
昔働いていた会社で、先輩からものすごい恐ろしい出産の話を沢山聞かされたからです。

だから、心のどこかで密かに「妊娠しなくてもいいかな」と思ったりしていたのです。
ところが、いざ妊娠してみて驚いたのが、恐怖心や不安が全くないということです。出産の本や写真などを見ても、逆に待ち遠しい、早く体験してみたいという気持ちばかり。これには自分でも驚きました。

そんな気持ちだったので、ソフロロジー式分娩法というものにはとても共感を覚えました。ソフロロジーについては、5年くらい前にTVで観て「ふ~ん、幸せな分娩か。面白いな。でも痛みが無いってのはちょっと眉唾でしょ」という程度の感想だったのですが、先日ふと思い立って調べてみると、これがなかなか興味深いのです。

イメージトレーニングと呼吸法でリラックスする、出産を『赤ちゃんとの共同作業』と痛みも含めて肯定的なものととらえる・・など、今の自分の思いとまさにぴったり。これだ!という感じでした。

今の自分にとっては、赤ちゃんに逢えるという喜びで、出産の痛さなんて別にどうってことないのですが、このイメージトレーニングは面白そうなのでぜひ試してみたい気がします。せっかくのチャンスなのだから、よいと思ったものを試してみたいし。どんな体験ができるのか、楽しみです。

早速本とCDを注文しました。日本の家族から送ってもらうので、届くのは多分1月後くらいかな。待ち遠しいです。

興味のある方は、右にリンクを貼りましたのでどうぞ。(『母乳育児への誘い』のサイト内にも詳しく紹介されています。)
テーマ:妊娠日記
ジャンル:日記
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。