2006年9月に高齢初産で男の子を出産しました。 ぼちぼちと育児日記を綴っています。2008年1月と2月は絵日記もちょこっと。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【32週目の胎児】
2006年07月11日 (火) | 編集 |
■過去数ヶ月間生えてきていた胎毛は、この週あたりから抜け始め、翌数週間の間にほとんどなくなるでしょう。出産直後に肩や背中にいくらか残っているのが見られるかもしれません。

■この週、胎動の変化に気がつくかもしれません。胎児はそろそろ子宮の中で丸くなりはじめるくらいに成長しているからです。以前と同じように動き回っているように感じても、キックや他の動きは以前ほどは力強くないように感じるかもしれません。

■胎児の動きがだんだんと減ってきたら特に、胎動チェックをしてみましょう。
方法は、30~60分間横になり、何回胎動を感じたかを数えます。胎児にとって子宮が窮屈になってきているため、胎動は鈍く感じるかもしれません。
もし2時間に10回以下の胎動しか感じられない場合は、お医者さまに相談してください。突然の胎動の減少は、異常のシグナルかもしれないからです。

■32週までに、胎児の体重は約4パウンド(1.8Kg)、CRLはほぼ11.5インチ(約30センチ)になります。

■この週に生まれた赤ちゃんの生存率はほぼ100%で、ほとんど全員が問題なく普通に成長するでしょう。

(MAYO CLINIC GUIDE TO A HEALTHY PREGNANCYより翻訳)

~・~・~・~・~

うちの子はまだまだ余裕があるみたいで、活発にぐるんぐるん動きまわってます。縦横無尽です(・∀・;)あと2週間くらいでそろそろ落ち着いてくれるかな~

毎日「頭は下だよ!」って言い聞かせてるんですが。。(夫が逆子ちゃんだったんですよね。こういうのって、遺伝しないよね・・??)

ここまで成長したら、超早産のリスクもほとんどゼロということで、かなり安心ですね。


<<【31週目の胎児】【33週目の胎児】>>
テーマ:マタニティライフ
ジャンル:育児
コメント
この記事へのコメント
10カウントっていう、胎動数える方法、
聞いた事あります。
2時間に10回以下か~なるほど(ノ゚ο゚)ノ
ためしに、数えてみようかな~♪

うちも、まだぐるぐる?動いてる気がします(・∀・;)
横向き?って思うときがよくあって、ひやひやするよ。。
もう、早産のリスクもほとんどないんだね~!
それを知って、安心しました(*´∇`*)
ほんといつも、ためになります~♪
2006/07/13(Thu) 18:55 | URL  | ハル #DAFdELt6[ 編集]
うわぁー、「もうすぐ♪」って感じになってきましたね!
私はやっと28週ですー。
1ヵ月後はこのようになっているんだなぁーと思うと、ドキドキします^^
今思えば、妊婦生活ってあっという間ですね。
毎日が早いですねー。

あのー、リンク貼らせて頂いてよろしいでしょうか?
宜しくお願い致します。
2006/07/14(Fri) 02:17 | URL  | dorami #QXRaNfI.[ 編集]
お久しぶりです!
32w目の胎児の様子、勉強になります。
今、私は30wなので、予習している感じw
32wで生まれた子の生存率、100%と聞いて
ちょっと安心です。
そか・・・私の腹の子も、がんばれば、
なんとかなるぐらい、成長したんだなぁ!と
感慨深くなりました(*´д`*)
2006/07/14(Fri) 04:59 | URL  | ☆しらゆりさん☆ #s48xcqFo[ 編集]
★お返事です★

●ハルさん

コロちゃんもまだ縦横無尽?
横向きになったときって、お腹が四角くなって面白いよね~(*^-^*)
ここまできたら、後もう少し。
お互い、がんばって乗り切ろうね!

●doramiさん

そうそう、振り返ってみると、妊婦生活って長いようで短いですね~
9月にはもう妊婦じゃないんだ・・と思うと、不思議な気がします。
リンク、ありがとうございます!
こちらこそ、これからもどうぞよろしくです~

●しらゆりさん

パソコン、復活したんだ。ネット復帰、おかえりなさい~

週を重ねるごとに早産のリスクが減ってゆくのは安心よね。
30週を過ぎると特に「ここまできたか~」なんてしみじみ思いました。お互い、もうひとふんばり(って言い方、変?)ですね!
2006/07/14(Fri) 08:26 | URL  | あみ #vXefid6w[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。