2006年9月に高齢初産で男の子を出産しました。 ぼちぼちと育児日記を綴っています。2008年1月と2月は絵日記もちょこっと。
思いつかなかった・・
2006年08月19日 (土) | 編集 |
【38w2d】

先日、近所のKさん(1歳になる男の子のお父さんで、Kさんも奥さんのSさんもすごくいい人達。)が夫にくれた、意外なアドバイス。それは・・

正式な遺言状を作っておくこと

へ?遺言?!と最初はびっくりしたのですが、聞いてみるとこれはすごく重要みたいです。

将来、私達夫婦にもしものことがあって子供だけ残されてしまった場合、正式な遺言状がなければ州が子供を連れて行ってしまうそうなのです。

щ(゚Д゚щ) そ、そんな・・

だから、もしもの時に誰が子供を引き取るのかをはっきりさせておかないと、子供は孤児ということになってしまうらしいのです。(州によって違うかもしれません)

で、誰に頼むかを夫と話し合いました。

これって、けっこう難しい問題です。

夫の家族は皆、自分達の子育てで手一杯だったり考え方が違ったりして、唯一頼めるかな・・と思うのは兄の1人。

私の方は両親には安心して頼めるかな~、もし弟が結婚していたら弟夫婦なら絶対に信頼出来るな・・でもアメリカと日本では手続きが面倒かもしれない・・など、法的な手続きも調べなきゃならないようです。

もしも・・なんて思ってもみなかったことだけど、100%起こらないとも言い切れないことなので、子供の将来の為に今のうちに決めておかなくちゃ。
テーマ:マタニティライフ
ジャンル:育児
コメント
この記事へのコメント
いきなり両親に何かがあって子供だけが残されるという可能性は否定できませんし、そんなときはどうするのかだけでも話をしておくことは有意義なことかもしれませんね。
2006/08/18(Fri) 20:53 | URL  | ガサツ夫 #-[ 編集]
ええ~、州が子供を?親族は信用できないという認識なんでしょうかね。子供にとってどれが幸せなのか?ほんとによくぞ教えてくれましたね。
でもそれでなくても遺言状を用意しておくことは悪いことではありませんよね。私も書いておくべきかな~。
2006/08/19(Sat) 00:39 | URL  | 散歩道 #-[ 編集]
アメリカ在住の方には遺言書(Will)の他に付け加えたらいいと思うのは”Living will"です。これは貴女が植物人間状態になったとき残った家族に貴女の事をどうして欲しいかという意思表示です。これがあると家族も医者もとても助かります。これがない事で裁判沙汰になることが多々。家族がかわいそうですので。
でも赤ちゃんがもうすぐ生まれる人へのアドバイスで遺言という人もめずらしいですね。確かにいいアドバイスなんだろうけど私には全然思いつきませんでした。何か個人的に子供が州に連れられていったような経験があったのでしょうか?
2006/08/21(Mon) 05:57 | URL  | druehara #-[ 編集]
★お返事です★

●ガサツ夫さん

出来れば起こってほしくないことでも、今のうちに話し合っておいた方がよいことってありますね。
絶対ない・・なんて、ありませんものね。

●散歩道さん

遺言状は、子供のこと以外でも大事かなって思いました。自分の身の周りのものをどうするか、とか、やりかけの仕事のこととか・・細かい事のようで、放置しちゃったら困ることって案外多いですね。ちょっと考えさせられました。

●drueharaさん

Living willは、夫とは口頭で希望を話し合ってはいるんですが・・裁判のニュースなどを見ると、やっぱり家族との意見の違いなども考えて正式に残しておいた方がよいですね。お医者さまとしても、やっぱり法的に本人の意思が残されていると助かるんですね。
遺言状なんて、とびっくりでしたが、なるほど納得できる理由だなーと思いました。
2006/08/22(Tue) 09:46 | URL  | あみ #vXefid6w[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可