2006年9月に高齢初産で男の子を出産しました。 ぼちぼちと育児日記を綴っています。2008年1月と2月は絵日記もちょこっと。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
9週目最後の日&肥満について
2006年02月03日 (金) | 編集 |
9週5日→【訂正】10週1日

-・-・-・-・-

今日で9週目最後の日。明日からはいよいよ10週目に入ります。
本で見てみると、ふむふむ、胎児の大きさはだいたい3センチ、子宮は大きめのオレンジというところだそうです。でも今のとこ、見た目には全く分かりません。

実はわたくし、7週目くらいからもうマタニティ用のパンツを愛用しています。
おなかのとこがジャージーになってて、締め付けないのでらくらく。シャツを出してるので、マタニティにはみえないし。

ショーツも早々とサイズ6(えと、日本のサイズで3Lくらい・・かな?)はいてるし。
これもそろそろきつくなってきた・・ってか、余裕はあるんだけどウエストを少しでも締め付けると吐きそうになるので、この前サイズ10ってのを買ってきたら、これがデカいのなんのって!カバにでも履かせそうなデカパンでした。でもきっとあと数週間もしたら、ジャストサイズになるんだろうな~。

アメリカで妊娠して便利だなと思うのは、マタニティじゃなくてもふつーの服でオッケーなとこ。笑っちゃったのが、デパートにマタニティーウェアを見にいったとき、マタニティー~婦人服がシームレスになってる・・。どこまでがマタニティで、どこからが普通のご婦人用なのか、分かんないんですわ。

夫の妹が妊娠中、電車通勤で誰も席を譲ってくれなくて辛かったわ・・と言ってたんですが、確かに妊娠してるのかしてないのか、見た目では分からない人、多すぎ。下手に妊婦さんかと親切にしても、ただのおデブさんでキレられても困るしねえ。

私も日本に帰ると我が身の肉付きのよさ(こっちに来て7号サイズから11号にサイズアップ・・とほほ・・)に愕然としたりするのですが、ここだと検診で体重測定したときに「まあ~、軽いわねえ、小さい妊婦さんね」などと言われてちょっとうれしかったりします。あ、デブ大国でこんなこと言われて喜んでちゃだめですね。

でもこの環境に甘んじて必要以上に体重増やさないよう、気をつけなくちゃ。(日本での理想体重増加は私の身長/体重だとBMIが21.7(標準内だけどちょい太め)なので9キロ前後。アメリカでは体重管理がちょっと甘めで、だいたい11~16キロくらい。妊娠中毒症になるんじゃ・・。)

私の妊娠前の必要カロリーが1800Kcalで、妊娠前期:プラス150Kcal、妊娠後期:さらにプラス200Kcalが目安。

食事は今までも栄養のバランスに気をつけていたので、それにたんぱく質をもう少し増やして糖分・脂質を控えたいです。

高齢妊娠は特に妊娠中毒症のリスクも高くなるので、バランスよく食べて健康体重を目指したいです。
テーマ:マタニティライフ
ジャンル:育児
コメント
この記事へのコメント
こんにちは~!
早速遊びに参りました!
過去記事読ませていただきました。順調な経過のようで何よりです♪
私も8Wからマタニティーでしたよ(^_^;
体重管理については私のブログでもなんだか盛り上がりました!
盛り上がった割には、それほど体重増加の危機を感じなくてちょっと拍子ヌケしてます。
これからかな??
ソフロロジーの本、これから仕入れようと思ってたので、紹介の本、
参考にさせていただきますね!
また遊びにきま~す!!
2006/02/03(Fri) 21:24 | URL  | まき #j2UMrp56[ 編集]
まきさん、こんにちは~
体重管理、そんなに大変じゃなかったですか?その調子でうまくいくといいですね。
私はつわりが終わると食べ過ぎてしまいそう・・・
ソフロロジー、なかなか興味深いですよね。出産だけじゃなくて、他の痛みにもいいらしいですよ。
ソフロロジー体験したら、ぜひ教えてくださいね!

2006/02/04(Sat) 11:34 | URL  | あみ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。