2006年9月に高齢初産で男の子を出産しました。 ぼちぼちと育児日記を綴っています。2008年1月と2月は絵日記もちょこっと。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
耐える夫
2006年02月17日 (金) | 編集 |
11週5日→【訂正】12週1日

-・-・-・-・-

わたくし、相変わらず一日の大半をベッドで過ごしております。だって、横になってないとものすごく気持ち悪いんだもん。

うちの夫は職場が近いため、毎日昼食に帰ってきます。そんな彼のここ数週間のパターンは

寝たきりの妻のために食料調達をすること。

最近は治まってきたのですが、妊婦は毎日(毎秒、といってもいいかも)食の好みが変わるのです。突然天啓のごとく、「○○が食べたい!!!」と思うやいなや、やもたてもたまらず・・。その食べ物のことで頭も胸もいっぱい、という尋常ならざる状態になってしまうのです。それが手に入らないとなると、悲しくて悔しくて、マジで涙してしまうくらい。

冷静に考えると、たかだか食べ物のことで悪魔に魂も売り渡してしまわんばかりに真剣になる自分にあきれてしまうのですが、これも妊婦の神秘。理屈じゃないんですよね。

というわけで、帰ってくる直前に電話で私の注文をとり、スーパーから買ってきてくれるのです。そして私に食べ物を届け、自分はなにかテキトーに(たぶんトーストかなにか)食べて職場へ帰る夫。

私が料理の匂いが全く駄目なので、夕食もなるべく匂いのしない冷たいものや外食ばかり・・。(冷やしうどんとか冷やし中華とか)

あとどれくらいこういう状態が続くのか分からないけど、4ヶ月目に入ったらたいていつわりは治まるそうなので、その時は夫の食べたい物を何でも作ってあげたいな。

1ヶ月以上ろくな料理も家事もしない(ついでに風呂にもあまり入らない)妻に文句も言わず、ひたすら耐えていたわってくれる夫のやさしさは、妊婦にとって一番の支えです。ほんとに、ほんとに感謝です。
テーマ:マタニティライフ
ジャンル:育児
コメント
この記事へのコメント
同じです~
全くウチと同じような状況です(笑)
あたしも1月からろくに料理も家事もしてませーん!!
旦那に頼りきり。
ほんとに感謝してます。
そろそろつわりもマシになってきたから、家事復帰しなきゃいけないんだけど、寝てることが多かったから、かなり体力がなくなってます…(-。-;)
ちょっと動くと「ふぅ~しんど!」って感じでヤバイです。
徐々に慣らしていかないと…
2006/02/18(Sat) 03:21 | URL  | miya #-[ 編集]
◆miyaさん
miyaさんも12週ですよね、そろそろ楽になってほしいですよね~。
体力、私もすっかり落ちてしまって・・ちょっとトイレに行っただけでふらふら。周りのつわりがひどかった人みんな「安定期に入ったら嘘みたいにエネルギッシュになるから大丈夫!」と言ってるのでそれだけが頼りです。
お互い、もうしばらくの辛抱。がんばりましょ!
2006/02/18(Sat) 19:50 | URL  | あみ #vXefid6w[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。