2006年9月に高齢初産で男の子を出産しました。 ぼちぼちと育児日記を綴っています。2008年1月と2月は絵日記もちょこっと。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さらに安全対策
2007年06月28日 (木) | 編集 |
☆生後9ヶ月と21日☆

ついに恐れていた事が・・

あー坊、とうとう階段を昇れるようになりました。

今日リビングのはずれにある階段へ手をかけて昇ろうとしていたんです。1回目は2段目で滑ってえーんと泣いて、後ろで見ていた母に保護されました。

そしてしばらくして、私がちょっとキッチンへ立った隙にまたもやぺったぺったと階段の方へ。行ってはいけない場所っていうのをちゃんと分かってて、私がちょっとはずすと即座にそちらの方へ行くんですよね~。

でもフローリングなので音でどこに向かっているのか分かるってば。素早くかけつけて、今度はどうするかなーと後ろで観察してみました。

すると・・

なんか、すいすいと昇ってくじゃありませんか。L字型に折れた部分も難なくクリアして、とうとう一番上まで自力で上がって行ってしまいました。(もちろん私がすぐ後ろについてました)

階段を降りる方にはゲートをつけているんですが、これはもう昇る方にも何らかの対策を練らないといけません。

今日のところはとりあえず、リビングの真ん中をシーツで仕切って階段のある方へ行かないようにしました。

階段のある方のリビング半分側は、ガラスのキャビネットや観葉植物、夫の机回りの配線&スピーカー、本棚など、触ってほしくない&危険なものだらけ。

普段は安全な側(こちらはキッチンからも見える)で遊んでいるのですが、あー坊の活動エリア拡大に伴って安全対策が必要になってきました。てか、今更なんですが。。

で、とりあえず家中にあるシーツを持ってきて、とにかく目隠し作戦。シーツで隠れているところは、なぜか興味を示さないんです。

ダイニングからデッキへと出るガラスの引き戸も、バンバンと激しく叩くので行ってほしくない場所です。こちらはダイニングテーブルを横向きにして、下をくぐって行かないようにシーツをぐるりとかけています。

ガラスのキャビネットや本棚などは、万一シーツを引っ張って倒れかかってくる危険を回避するため、回りについ立てを置きました。これも万が一つかまり立ちしようとして倒れても危険じゃないよう、インターロック式の柔らかいフロアマットを組んで。

↓こういうヤツ。1枚90センチ四方くらいです。スポーツ用品店で売ってます。

pG01-2995502p275w.jpg


これだと、触った時に安定感がないのでつかまり立ちしようとしないのです。

キャビネットや引き出しも開く事が出来るので、キャビネットの取っ手は全部はずしました。取っ手がないので赤ちゃんは開く事は難しいけど、大人は難なく開閉することが出来ます。

と、とりあえずの安全対策ですが、あー坊に知恵がついてきたらもっと高度な対策を考えないとなあ。
テーマ:◆◇◆0歳ベィビー◆◇◆
ジャンル:育児
コメント
この記事へのコメント
知恵比べですね
むふふ、いよいよベビーギャング化して行きますね。しかし考えて見れば自分自身だってよくまあ無事に大きくなったものです。自然界にも危険は多いでしょうが、家の中にこれほどの危険があるのは文明のなせる業ですよね。
2007/06/28(Thu) 11:23 | URL  | 散歩道 #-[ 編集]
★お返事です★
ベビーギャング、まさにそのとおり!(笑
薬物や電気など、今や家の中の方が外よりも危険だらけかもしれないですよね。赤ちゃんが出来て改めてそれを実感しました。もっとシンプルな生活スタイルにしたいと思いつつ、こうやってパソコンはやめられないし・・かえって文明に振り回されていたりなんかして。
2007/06/28(Thu) 22:32 | URL  | あみ #vXefid6w[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。