2006年9月に高齢初産で男の子を出産しました。 ぼちぼちと育児日記を綴っています。2008年1月と2月は絵日記もちょこっと。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お気に入りの絵本
2007年08月15日 (水) | 編集 |
☆生後11ヶ月と8日☆

あー坊は絵本が大好き。

毎日のストーリータイムはもちろん、一人で遊んでいる時も絵本を取り出して何度もページをめくったり味見してみたり(笑)しています。

あー坊の一番のお気に入りは、

Spotシリーズ(by Eric Hill)
(アマゾンにリンクしてます)

シリーズでかなり沢山出てて、どれもシンプルでかわいらしいストーリーです。

あー坊は特にこのしかけ絵本が大好きで、私が読みながら「ここには誰がいるのかな?」「スポットくんはどこかな?」などとたずねると、張り切ってしかけ部分をめくったり、そこにいる動物の泣き声を真似したりするんです。

絵もほのぼのとしてて、文章も優しいので英語の絵本を読んであげたいという方、これはぜひおすすめです。

日本語の絵本で一番気に入っているのは、

いいこでねんねできるかな(木村裕一著/偕成社)

ちょっと前まで「どれがいい?」とたずねると、沢山積んである本の中から必ずこれを選んでもって来てました。

はっきりしたイラストとしかけが楽しいみたいです。このシリーズ、また日本から送ってもらおうと思ってます。

人気の『じゃあじゃあびりびり』『がたんごとん』なども好きみたいです。

そして母のお気に入りの絵本。

Everywhere Babies(by Susan Meyers)

赤ちゃんの成長をあったかいイラストと文章で綴った絵本。赤ちゃんの表情が生き生きと描かれていて、これを読み聞かせていると毎回最後のところで泣いてしまいます。(毎日がんばってるあー坊と重ねちゃって・・)
あー坊も「ほら、赤ちゃんだね。かわいいねえ。」と言うと、本に顔を近づけて「ちゅっ」とするんですよ。赤ちゃんが大好きみたいです。

それから、私が小さい頃に読んでいたお気に入りの絵本。
ちいさなねこ(石井桃子/横内襄/福音館書店)

これは、ちょっと古めかしいかもしれません・・昭和の匂いがします(笑
でも、仔猫が生き生きを描かれていて、ほんとに猫を知ってる人が描いたイラストだな~と思います。

石井桃子さんの作品は翻訳本も含めて大好きで、私が著者(または翻訳者)の名前だけ見て買う数少ない著者の一人です。

あと、ずっと探しててどうしても見つからないのが、3匹の怪獣が出てくる絵本。強烈なイラストで、怖いもの見たさで読んでいて今でも忘れられない本なんです。多分センダックだと思うのですが、市販されていないようなのです。タイトルも覚えていないし、探しようがないのが残念でしょうがありません。

毎日のストーリータイムは、母と子、父と子のかけがえのない時間。

これからもずっと、毎日1冊でもいいから絵本の読み聞かせを続けてゆきたいな。。と思います。

みなさん、おすすめの絵本があったらぜひ教えてくださいね。
テーマ:◆◇◆0歳ベィビー◆◇◆
ジャンル:育児
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/11/17(Sat) 12:07 |   |  #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/11/17(Sat) 12:08 |   |  #[ 編集]
★お返事です★
●【管理人のみ閲覧できます】さん

コメントありがとうございます。
おすすめの絵本、早速検索して見ましたよ~
ネットでは表紙しか見ることが出来ませんでしたが、すてきなイラストですね。

日本語と英語と両方読める絵本というのもいいですねえ。

これを読んでらっしゃる皆さんにもぜひご紹介・・

『青い目のうさぎ』という絵本です。

ご紹介くださって、どうもありがとうございました。機会がありましたらぜひ読んでみたいです。
2007/11/21(Wed) 10:38 | URL  | あみ #vXefid6w[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。