2006年9月に高齢初産で男の子を出産しました。 ぼちぼちと育児日記を綴っています。2008年1月と2月は絵日記もちょこっと。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もしも男の子だったら・・
2006年02月25日 (土) | 編集 |
【13w2d】

どうしても出産までに決めておかなければならないことがあります。
それは・・・(小声で)

包茎手術(または割礼)

アメリカではふつーに行われるこの処置、最近は「医学的根拠は何も無い」「むしろしない方がよい」という意見もあって、する派/しない派に分かれているそうなのです。

もともとこれって、ユダヤ人だけの習慣だったのに何でアメリカでは当たり前のようにみんなするようになったのでしょう。ヨーロッパではしないって聞くし。日本でも自分たちの時代はみんなしてなかったよなあ(たぶん)。そもそも、赤ちゃんってもともとああいうふうに生まれてくるってことは何か意味があってのことだろうし。

なぜこの処置をするかしないかで悩んでいるかと言うと、以前TVで「生まれたときにこの手術を受けた男の子が、誤ってお○ん○んまでチョン切られてしまって、しょうがないので女の子として育てられた。でも成長するにつけ、女の子としての自分に疑問をもって(実は男の子なんだから当然)苦しんだ・・という悲劇を観たから。もちろん滅多にない事故なのだろうけど、100%あり得ないとは限らないし。

手術の是非について以前調べてみたのですが、あまりのリアルな写真とストーリーはつわり中の妊婦にはちょっとヘビーすぎました。

ということで、この判断は夫に一任することに。まあ、女性の私には分からないことも多いので。

ちなみに夫の意見としては、「手術した方がよいという医学的な根拠が何もないのなら別にしなくてもいいけど、大人になってから手術が必要になるのであれば赤ちゃんのうちにすませてしまっていた方が100倍いい。(大人になってからの手術は想像するだけで相当恐怖らしい)」ということです。

日本では最近幼稚園に入園する前に手術を済ませるように言われるところもあるそうですが、男の子を持つ先輩ママさんたちは、この件については一体どうしてるのでしょうか。
テーマ:マタニティライフ
ジャンル:育児
コメント
この記事へのコメント
え(゜○゜)!
この件についてあたしはかなり無知ですー!
子供の頃は包茎でも普通じゃないんですか???
で、普通は成長とともに治るもんかと思ってましたけどv-356
だからそんなこと考えたこともなかったです。
男の子を持つママ友達からも、そういう話は聞いたことがなかったので驚きでした~。
2006/02/25(Sat) 00:04 | URL  | miya #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/02/25(Sat) 01:06 |   |  #[ 編集]
へぇぇ~!!
私はイスラム圏だけだと思ってました!
アメリカでは宗教的な意味あいではなく、衛生上の理由で行われるのでしょうね。
日本では手術を受けてると、「みんなと違う!!」とか、かえってナンダカンダ言われてしまう事もあるって聞きました(小さい時)。
でも、周りがみんな受けてるとなると、逆にコンプレックスになったりするんでしょうか・・・。
大人になって、本当に手術が必要な人ってそんなに多いのかなー?
男の人の事情は複雑でよくわからんですね~!
2006/02/27(Mon) 01:48 | URL  | まき #j2UMrp56[ 編集]
◆miyaさん
そうそう、子供って包茎が当たり前ですよねぇ。
成長と共に治る・・というか自分で治す(?)というか、私は女性なのでどういうふうにするとか詳細はナゾなのですが、どうなんでしょうね。こればっかりは「そこんとこ、どうなってんの?」と気軽に男友達に聞けるようなことでもないので謎のままです。
とりあえずあと6ヶ月あるのでゆっくりと決めようと思います。
2006/02/28(Tue) 11:16 | URL  | あみ #vXefid6w[ 編集]
◆まきさん
うん、イスラム教もユダヤ教もルーツは同じなので、習慣などもたぶん同じなのだと思います。
雑菌が繁殖しやすいとか衛生上の理由というのも大きな理由みたいです。そのままだと、赤ちゃんをお風呂に入れるときにめくって(どうやって?)洗ったりとかするみたいですね。
実は私も初めて処置された赤ちゃんを見たときはちょっとショックでドキドキしました。
温泉や修学旅行などで裸のお付き合いが多い日本では、みんなと違うといじめなどもありうるかもしれませんよね。
う~ん、難しいですねえ。
2006/02/28(Tue) 11:23 | URL  | あみ #vXefid6w[ 編集]
我が家の場合・・・
あみさん、こんにちは。

今のところ、産まれてくる我が子には割礼を行う予定です。担当医から割礼について話を聞いたとき、無知だった私は意味が分からなく「何ですか、それ???」といった状態でした。その後、義母や友人に尋ねたところ、私の周りで男の子を出産した人達の多くが当然のように割礼を行っているので、我が家も行う方針です。実際に処置された赤ちゃんを見たことがないのでかなりのショックを受けそうですが、昨年男の子を出産し割礼を行った日本人の友人は、あまりにも痛々しく(可愛そうで)消毒などの手入れは旦那さんの担当にしていたそうです。大丈夫でしょうか・・・。
2006/03/01(Wed) 17:26 | URL  | emi #-[ 編集]
◆emiさん
おお~、emiさんとこは割礼するんですね。夫の家族とか周りのみんなは割礼が当たり前なのでやっぱりふつーに行ってるみたいです。
うちの姉の子の場合、最初はまあ~るく傷跡が残ってて痛々しかったけど、いつの間にかきれいに治ってました。処置は、
「丸いリングみたいなのでチョンと皮を切って、その時はびーっと泣いてた」(姉談)
だそうです。
どうせいつかするのなら、回復の早い赤ちゃんの時がいいのかもしれないですよね。う~ん、迷うなあ。。
2006/03/01(Wed) 19:38 | URL  | あみ #vXefid6w[ 編集]
成人後にはしたくない(笑
ご無沙汰してます。franです。
そぅゆぅ習慣の宗教的・医学的な背景は全く無知だったんですが、そんなに認知されているとは驚きです。外国だけなんかな。日本の新生児でしている人ってどれくらいなんでしょうね。手術しなかった弊害について身近に聞いたことがないのでピンときません・・。
2006/03/02(Thu) 10:04 | URL  | fran2 #mQop/nM.[ 編集]
◆franさん
こんにちはー。奥様、つわりはいかがですか?あともう少ししたら嘘のようにつわりも治まってくると思いますので、がんばってふたりで乗り切ってくださいね!
日本の新生児では珍しいと思います。お医者様にも聞かれないだろうし。弊害というと、あちら方面(どっちかはご想像ください^^;)のことばかりみたいですが、ほとんどの人は問題なく暮らしてるので、ほんとはどちらでもよいのでしょうね。貴重な男性側のご感想、ありがとうございます!
2006/03/03(Fri) 10:43 | URL  | あみ #vXefid6w[ 編集]
無知
今、アメリカの中でもこの話題については両極端に分かれるところです。今までは、みんながやるから違うといじめられる、ファミリーステイタスとしての象徴、後は医者の設ける手段としてのプレッシャーがあったことは間違いありません。ただ近年、情報化の波があり、この考えは間違っているという意見が優勢になっています。実際、一回切ってしまえばもうその子には選択肢は与えられません、決めるのは親ではなくて子供なのです。そこのところをよく彼のために考えるべきです。必要なものだからもともと備わってるわけですし。。。
2006/03/11(Sat) 08:56 | URL  | yasu #VEIOABK.[ 編集]
◆yasuさん
こんにちは、はじめまして。
そうですね、私も選択権は子供にあると思います。
ただ、自分は女性なので処置をしないで大人になった男性の方の意見ももっと知りたいな・・とは思います。
(日本で生むのだったら、こんなこと考えもしなかったかも)
2006/03/13(Mon) 11:09 | URL  | あみ #vXefid6w[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。