2006年9月に高齢初産で男の子を出産しました。 ぼちぼちと育児日記を綴っています。2008年1月と2月は絵日記もちょこっと。
教えて!Dr. Green
2007年10月29日 (月) | 編集 |
☆1歳1ヶ月と23日☆

というわけで、頭ゴンゴンについて調べてみました。右にもリンクしてるDr. Greenのサイトへ行ってみると、あー坊と同じ13ヶ月の赤ちゃんのお母さんからの質問がありました。

■Dr. Greenへの質問と回答はこちら■

およそ20%の子供はこの頭ゴンゴンをするそうで、特に男の子は女の子の3倍から4倍多いそう。

自閉症の子にも見られる現象で、自閉症とそうでない場合の見分け方としては、

1.14ヶ月までに物や人を指差すことが出来る
2.14ヶ月までに大人が見ている方向をいっしょに見ることが出来る
3.14ヶ月までに物を何かに見立てて遊ぶことが出来る(たとえば、おもちゃを耳にあてて電話の真似をするとか)

が見られれば、問題はないそうです。あー坊は自閉症ではないみたい。

で、どうして頭ゴンゴンするのかというと・・

●リズミカルな動きが心地よい ●刺激が足りない(目が見えない、口がきけない、退屈、寂しいなど) ●環境の刺激が強すぎる

などで、ある子供達にとっては緊張をほぐすための手段(寝る前とか)、歯が生えてきている時などの痛みをおさえるため、怒りを鎮めるため、関心をひくためにすることもあるそうです。

そういえば、あー坊も奥歯が生えてきてるし。痛いんだろうなあ。

健康な子供であれば、頭ゴンゴンで自らを傷つけるようなことはないようです。(強くぶつけすぎると痛いので自分で加減するし、3歳以下の子供はある程度頭を打っても・・ころんだりぶつけたりとか多いので・・耐えられるようになっているのだそうです。)

それではどうやってこの頭ゴンゴンを止めることが出来るのでしょうか。

ほとんどの子供は自然とやめるようになります(3歳以上になってもまだ続くようなら問題あり)が、

●そしらぬふりをする ●もし癇癪ならば、それをおこす要因を取り除いてあげる ●他に興味を持ちそうなことを与える

などの方法で、やめるのを早めることを親が手助けすることも出来ます。

私も、あまり大げさに反応して親の気をひく手段にして欲しくないので、なるべくふつーにしているのですが、正解だったみたいです。

そして研究によると頭ゴンゴンをする子供達は、知能が発達しているというポジティブな結果もあるそうです。

以上、簡単に訳してみました。
あー坊も眠い時や歯が痛そうな時によくやってるので、多分正常な行動なのではないかと思います。今日は外に出て思う存分歩かせたら頭ゴンゴンはしなかったので、もしかすると家の中にずっといるストレスもあったのかもしれません。・・これから長~い冬に入ってキャビン・フィーバーにならなければいいんだけど・・
テーマ:★★1歳児の日常★★
ジャンル:育児
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可