2006年9月に高齢初産で男の子を出産しました。 ぼちぼちと育児日記を綴っています。2008年1月と2月は絵日記もちょこっと。
2度目のハロウィーン
2007年10月31日 (水) | 編集 |
☆1歳1ヶ月と25日☆

hw.jpg今日はハロウィーン。といってもあー坊はまだコスチュームはなしです。

ご近所さん達から「今年は(家々を)回るの?」とたずねられましたが、まだハロウィーンの意味も分からないし、寒空の下ずっと外を歩き回るよりも家でのんびりまったりしたいだろうということで、何もしませんでした。多分2、3年後くらいから始めようかな。

ハロウィーン大好きな夫は、今年もいつもより早めに帰宅してキャンディーを用意。今か今かとスタンバっていました。

いつもだいたい夕食時を少し過ぎた6時半くらいから子供達が訪れ始めます。

今は市販のコスチュームがよく出来てるので、どの子も結構凝った扮装でした。特に3歳以下の子供達のかわいいことかわいいこと。

赤ちゃんはオールインワンの着ぐるみで動物系が多かったです。

この辺りは子供達が多いので、総勢100人くらいは来たかな?途中で5袋用意したキャンディーも足りなくなって、夫が急遽スーパーマーケットへ補充分を買いに走りました。

ハロウィーンで子供達にあげるのは、たいてい市販のキャンディーバー・・スニッカーズとかm&mとか、けっこうジャンキーなもの・・が多いです。ほんとは手作りのお菓子とかあげたいのですが、手作りのものは捨てること!がハロウィーンの鉄則なので仕方なく市販の甘いお菓子を配ることになります。

市販のお菓子でも、親が必ずチェックして毒物が混入していないかを確かめてから子供達に食べさせるように、という指導があります。なんだか、こういう子供達にとって楽しみなイベントでもそういうことを心配しなくちゃいけないなんてちょっと悲しいですが、安全のため。

もっとも、将来あー坊がもらってきたキャンディー類は親が没収する予定(鬼!)。だって、あんまり早いうちから大量の砂糖を摂らせたくないので。。

代わりに砂糖控えめのハロウィーンクッキーでも焼いてあげようと思っています。楽しみがなくちゃつまらないものね。

今夜はいつになくお客様が次から次へと訪れたので、あー坊もちょっといつもより興奮ぎみでした。

そしてすっかり疲れたのか、ベッドへ連れてゆくと即行で爆睡。

再来年くらいはコスチューム来て近所を回ろうね、あー坊。

●写真は2001年に撮影したもの。当時東海岸に住んでて、NY州のとある小さな街でハロウィーンのパレードがあって、そこで見かけた魔女に扮したわんこ。。ほうきに乗ってましたよ。

テーマ:★★1歳児の日常★★
ジャンル:育児
コメント
この記事へのコメント
ハロウィンって
イマイチよく分からなかったのですが、今年は日本のテレビなどでも結構紹介されていました。ケルト民族の大晦日でもあったそうですね。そう聞いてすっごく納得するものがありました。
100人もの子供たちにキャンディーを用意!それを楽しみにスタンバるなんて、やさしい彼ですね。地域の子供たちを見守る意味からも意義のあるイベントなんですね。

意外なのは夕食が6時半には終わってるのがそちらのライフスタイルなんですか?
それと手作りの物は捨てるって、なんで~?何か理由があるんでしょうね?
2007/10/31(Wed) 22:57 | URL  | 散歩道 #AE0VIJeI[ 編集]
★お返事です★
●散歩道さん

夫のハロウィーン好きはもしかするとケルト民族の血が騒いでるのかもしれません(笑
夕食の時間は家庭によってもまちまちですが、電話をかけたりする時などはこれくらいの時間は避けています。(準備や後始末の時間も考慮して・・)
手作りのお菓子を食べられないのは、何が入ってるか分からないからなんです。薬物が入っているかもしれないし。日本ではあまりピンときませんよね。アメリカではあるんですよ、そういうことって。。怖いですよねえ。。
2007/11/01(Thu) 21:18 | URL  | あみ #vXefid6w[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可