2006年9月に高齢初産で男の子を出産しました。 ぼちぼちと育児日記を綴っています。2008年1月と2月は絵日記もちょこっと。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【1~4週の母体】
2008年01月06日 (日) | 編集 |
この妊娠初期段階にも、あなたの身体は重要な変化をとげています。

心臓、循環システム
妊娠初期の数週間、あなたの身体はより多くの酸素や栄養を赤ちゃんに運ぶために血液を増やし始めます。血液増加は、妊娠によって莫大な血液循環が求められる最初の12週に最も多くなります。妊娠後期までに、体内の血液量は30%~50%増加します。この時期に普段よりも多くの水分を補給することは、あなたの身体がこの変化に対応するのを助けてくれます。

この血流増加に順応するため、心臓はより強く、早く血液を送り始めます。脈拍も多くて15拍/分早くなるかもしれません。

これらの劇的な変化は、すでに妊娠の徴候を表しているかもしれません。例えば、疲れやすくて湯食後すぐにベッドに行きたくなるとか、昼寝をしたくなるなど。疲労を感じたら休むようにしましょう。


妊娠初期の徴候のひとつは、胸の感じで分かります。感じやすい、ちくちくする、痛い、充実したかんじ、重い、などの感じがするかもしれません。既に胸や乳首が大きくなってきているように思うかもしれません。

エストロゲンとプロゲステロンの増加に刺激されて乳腺が発達するにつれ、妊娠中を通して胸は大きくなります。乳輪が大きく茶色くなるのに気付くかもしれません。これは血液循環の増加と色素沈着した細胞の成長によるもので、(妊娠後も)ずっと消えないこともあります。

子宮
妊娠4週目に入って、子宮も変化し始めます。内膜は厚くなり、成長する赤ちゃんに栄養を送るために子宮内膜の血管も拡張されてきます。

子宮頚部
子宮頚部は柔らかくなり始め、色も変わってきます。最初の妊娠確認検診の時、担当医はこの変化を調べるかもしれません。
 
(MAYO CLINIC GUIDE TO A HEALTHY PREGNANCYより翻訳)

~・~・~・~・~
4週目というと、自覚症状はほとんどなかったけど母体はどんどん変化していたのですね。

確かこの時期あたり、最初の妊娠テスターを使ってみて陽性だと気付かずにその後部屋のペンキを塗ったり寒い中重い雪をスコップで運んでかまくらを作ったり、かなり無茶していました。知らなかったとはいえ、なんと無謀な・・(汗) 何事もなく無事に育ったこの子(あー坊)は、きっとかなり強い子なのでしょう。

胎児のようすや母体の変化、初期の頃も少しずつ翻訳してゆきたいと思います。(亀の歩みで・・)


【5~8週の母体】>>

※【5~8週の母体】はまだ書いてません。次の記事はこちらになります。
【17~20週の母体】>>
テーマ:マタニティライフ
ジャンル:育児
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。