2006年9月に高齢初産で男の子を出産しました。 ぼちぼちと育児日記を綴っています。2008年1月と2月は絵日記もちょこっと。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やってみたいことリスト(妊娠/出産編)
2006年01月15日 (日) | 編集 |
自分がもし妊娠できたら、「これをやってみたい」と思っていたことがいくつかあります。ラッキーにもそれを実行するチャンスがやってきました。一生に一度あるかないかの貴重な体験なので、色んなことを試してみたい、悔いのない妊婦生活を!(おおげさ)
・・というわけで、思いつくかぎりランダムにリストアップしてみますね。いくつ実験(←本音)できるかなあ。楽しみ。


健康な生活

栄養の偏らないちゃんとした食生活で、体重管理もしっかりし、だらだらせずに『ちゃんとした』妊婦生活を送りたいものです。

マタニティスイミング

身体が重くなってもできるマタニティ・スイミングで適度なエクササイズ。柔軟な筋肉をつけて、出産に備えます。水は出産時のイメージ・トレーニングにも役立つそうなので、これはぜひやってみたいです。

ウォーキング

散歩が趣味なので。あ、これは特に妊娠とは関係なくやってることでした。

マタニティ・ジャーナル

これはこのブログにて実行中。せっかくの貴重な体験なので、日々の思いの変化や起こったことなどをなるべく詳細に記録してみたいと思います。自分の記念のためと、もし2人目が出来た時の参考のため、そして子供が大きくなったときに見せてあげたいなあ。

自然出産

せっかくなので、麻酔は使わずに出来る限り自然な出産を体験してみたいです。多くの出産体験者に『今まで経験したことのない痛み』『男性だったらあまりの痛みに失神する』などと言われる出産の痛みがどれくらいなのか、ぜひ味わってみたいという興味もあるし。麻酔による副作用も気になるので。

以前は水中出産にも興味がありましたが、方法には特にこだわりません。色んな出産方法を参考にして、『いいとこどり』した自分流で。ただ、あくまでも出産は『赤ちゃん主体』で自分はあくまでも赤ちゃんが生まれてくるのを出来る限りサポートする、というスタンスだとは思います。これは陣痛の痛みを引き受けることであったり、呼吸法で赤ちゃんに酸素を沢山送ってあげたり、そういう意味で。

でももし医療の介入が必要と判断されればもちろん赤ちゃん(と母体)の安全が大切なので、麻酔や帝王切開などの覚悟もしてます。そこらへんはフレキシブルでありたいです。



・・・まだまだ沢山あったような気がするのですが、
ほかにも思いついたら加筆してゆきますね。
テーマ:マタニティライフ
ジャンル:育児
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。