2006年9月に高齢初産で男の子を出産しました。 ぼちぼちと育児日記を綴っています。2008年1月と2月は絵日記もちょこっと。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4th of July weekend あれこれ
2008年07月05日 (土) | 編集 |
★1才9ヶ月と29日★

昨日は独立記念日だったのであちこちで花火がどんどこあがっていました。

私達も近所の人にお呼ばれして花火大会をしてきました。

皆小さい子供がいるので、花火はまだ明るいうち(といっても9時ぐらい)から開始です。

ここミネソタでは花火を買うのは違法なので、みんなお隣のウィスコンシンから買ってきます。買うのは違法なのに使うのはいいっていうのもおかしな話ですが。

最初は割と小さいものから、終盤にさしかかると20メートルくらいの打ち上げ花火まで。

他の子供たち(3~4歳)は大きな音を怖がって隠れたり泣いたりしていたけど、あー坊はというと・・けろっとしてました。

ただ、あまり大きな音が出るときはいかにも「うるさい」と言わんばかりの難しい表情をしてましたが、怖がったりはしませんでした。

その後はあちこちで上がっている打ち上げ花火を見ながら帰って、とても楽しかったです。

でも・・いつも思うんだけど、アメリカの花火ってなんだか単調でつまらないんですよねぇ。。

なんというか、パチパチポンポンと威勢がいいだけで、風情がないというか・・。

毎年夏になると、日本の花火が懐かしいです。特に線香花火のあのはかなさと独特な匂い。

そして打ち上げ花火。アメリカの打ち上げ花火では「たぁまや~、かぁぎや~」は似合いません。淡白すぎて。

夏はやっぱり日本がいいですねぇ。。離れてつくづくとそう思います。

そして今日はお友達の子供が2歳の誕生日を迎えたので、公園でお誕生祝いを兼ねて遊びました。

参加したのはいつものメンバー・・あー坊と同じくらいの時期に生まれた子達と家族ぐるみで仲良くしてて、時々こうやって集まるのです。

今日は主催者のお友達で最近韓国から女の子を養女に迎えた夫婦も来ました。

公園は大きな湖のほとりでビーチもあって、あー坊も水たまりやビーチの砂で沢山遊んで楽しそうでした。

あー坊はいつも家にいるのに小さい頃からなぜか全然人見知りをしないのですよ。

むしろデイケアに行ってるお友達の子の方がものすごく人見知りが激しくて、特に男性が苦手なようで夫や他のご主人が彼女のテリトリーに近づきすぎるとのけぞって泣いていました。

あー坊は他の子が遊んでいるところへも平気で行ってふつーに遊んでるし、持って行った二人乗りワゴンに他の子をいっしょに乗せてもしれっとしてるし、結構社交的で少し驚きました。

いつも他の子達と集まって思うのは、

「あー坊、大きっ」

昨日の3歳、4歳児と比較しても同じくらいの身長のあー坊、同年齢の子達と一緒にいるとひときわ大きさが目立つんですよ。

太ってはいないものの全体的に大きいので、手とか足とかも相対的に大きくて・・

足のサイズなんて1.5倍くらいだし。

なんかいっつもあー坊でかいでかいと言ってますが、やっぱりおっきいなぁ・・食は誰よりも細いのに、なんでだろ。

さて、お昼になってみんなそれぞれ持ってきたランチを食べ始めました。ここでちょっとびっくり。

こちらの人って、幼児にも平気で何でも食べさせるんですよ。

チーズと塩辛いクラッカー、油たっぷりのマカロニサラダ、プリングルス(!)、マクドナルド(アメリカのマックは日本のとは違ってジャンキーなので自分でも食べる勇気はありません・・)、砂糖たっぷりのジュース・・・

時間がなかったので適当に持ってきたあー坊のお昼・・ご飯とブロッコリーとりんごがものすごく健康志向みたいでなぜか恥ずかしいくらい。

そしてバースデーケーキ!

これはものすごくアメリカらしい、砂糖たっぷりのクリーム(フロスティングといいます)、しかもものすごい色使いのお決まりのやつで、私も少しだけ食べたけど飲み込むのに苦労しました(甘すぎて)。

大人の私でも喉が焼けるかと思うほど甘いこのフロスティングを、2歳児が嬉しそうに手づかみで食べてるんですよ。

なんか・・毎度のことながら食べ物に関してはショックなことが多いです。

話題がかなりそれてしまいますが、アメリカで市販の食べ物を子供に与えるのは、結構勇気が要ります。

小学校でも給食は結構ジャンキーなものがあるし、マックや炭酸飲料水が買えるところもあったりするので、そういう食べ物から子供を遠ざけるのは難しいのかなあ。

今日はアメリカのジャンクフードの話題が出て、州によっては法で規制されているところもあるけど(例えば炭酸飲料に税金がかけられている州もあるとか)、学校での運動不足については何も異論が出ないのはおかしいとかいった話があって・・

そう熱く語る本人が結構ふくよかだったりするのだけど、自分ではきっと肥満だという自覚は無いんだろうな・・とか密かに思ってみたり・・。

この肥満大国で自分の家族を不健康な食べ物から守るのは、母であり妻である自分の重大な任務だなぁと思ったりしたのでした。

かくいう私もこちらへ来て増えた体重が全然戻らないので、あまり偉そうに言えませんね。はい。

さ、運動運動!

今日はちょっと反アメリカな内容でした。ちょいネガティブでごめんなさい。。
テーマ:★★1歳児の日常★★
ジャンル:育児
コメント
この記事へのコメント
アメリカでも
日本の盆踊り・夏祭り的な夏のご近所イベントってあるんですね。
花火を買ってはいけないけど打ち上げ(それもかなり大きい)はOKなんて、一体どういう理由から?と首ひねりますね。
あー坊ちゃんのお友達がいっぱいいるようですが、アメリカでは少子化問題ってないんでしょうか。我が家の同じ町内では赤ちゃんはたった一人!!この子、冗談抜きで近所に遊び相手がいません!事態は深刻です。
2008/07/06(Sun) 18:40 | URL  | 散歩道 #AE0VIJeI[ 編集]
★お返事です★
●散歩道さん

夏祭りは結構あります。出店やバンドが出て、夜は打ち上げ花火という感じです。
少子化はあんまり心配いらないみたいですねえ。。このあたりは特に子供だらけで、宗教によっては5人も6人も(今時・・)という子沢山の家庭も珍しくありません。ご近所に遊び相手がいないというその赤ちゃんはかわいそうですね。。幼稚園なども定員割れという事態になったりするのでしょうか。心配ですね。
2008/07/06(Sun) 22:56 | URL  | あみ #vXefid6w[ 編集]
同感です
以前にコメントさせていただいたなっつです。
私はカリフォルニアに住んでいて、旦那の両親が20分くらいのところに住んでます。時々遊びに行くのですが、そのたびにすごいものを食べさせられます。この前なんて、フライドズッキーニにたっぷりとランチドレッシングをつけたものを、私の息子に食べさせてるんですよーーー!!心臓止まりそうでした。あんまりそういうのに慣れさせたくないなぁ・・・・と思う母でした。
2008/07/07(Mon) 00:41 | URL  | なっつ #-[ 編集]
★お返事です★
●なっつさん

なっつさん、カリフォルニアにお住まいですか!健康志向の方が多いカリフォルニアでもそうなんですね。野菜だから健康という認識だったりして・・でも塩分が~~、油が~~~って感じですよねぇ。。
せめて味覚が決定されてしまうまではそういうものから遠ざけたいですよね。お互い、がんばって我が子を守りましょう!(笑
2008/07/07(Mon) 21:41 | URL  | あみ #vXefid6w[ 編集]
お久しぶりです~。こちらの食生活、今から頭を悩ませてます(息子はまだ8ヶ月ですが)。どんなものを食べているかはその家庭にもよるとは思うけれど、米国の一般的な食べ物って味は濃いし、油っぽいし、病気になりそう。今のうちに子供にせっせと日本の味をしこんでおこうと思います。小さい頃からスナックにフルーツしか与えなかった子供は誕生日会に御呼ばれしてもあんまりスウィーツに興味示さなくなるっている家庭の記事をよんで(アメリカ人の家庭ですよ)、小さい頃の食生活は大事だなと思っている次第です。でも、学校のランチとか避けられない所はどうしようかと今から本当に不安です。。。。
もっとも、米国にきてからあんまりおいしいもの(外食とかスウィーツとか)がないので、食べ過ぎなくていいです。はは。
2008/07/08(Tue) 10:28 | URL  | 愛 #-[ 編集]
★お返事です★
●愛さん

こんにちは~~
そうですよね!小さい頃覚えた味覚って、一生続くので今が勝負(笑)ですよね。
実際、私も小さい頃はふかしたじゃがいもとかがおやつで育ったせいか、ケーキなどの甘いものが苦手でした。
学校は友達との兼ね合いもあるので、避けられない物もあるでしょうが、そこは本人に任せるしかないのでしょうね。
お互い、子供の味覚は日本人に育って欲しいですね~
2008/07/08(Tue) 21:58 | URL  | あみ #vXefid6w[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。