2006年9月に高齢初産で男の子を出産しました。 ぼちぼちと育児日記を綴っています。2008年1月と2月は絵日記もちょこっと。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
二人でサイクリング&あー坊お気に入りの絵本
2008年08月05日 (火) | 編集 |
☆1才10ヶ月と30日☆

今朝はあー坊と二人で朝寝坊して9時に起床。朝食を食べて、いつもよりちょっと遅い10時すぎに散歩へ出かけました。

今日はあー坊のリクエストでバイクトレーラーをジョガーにして。

近くの公園まで行くと、サマーキャンプ中の子供たちが沢山います。近所に住んでる子も参加してて、声をかけてきてくれました。

あー坊はというと・・

トレーラーを公園内に運び込むのに夢中で、あまり子供達には興味ないみたいです。

そして珍しく30分くらいで帰りたがったので、再びトレーラーに乗せてちょっと遠回りして帰宅。

ガレージでシートベルトをはずそうとすると、『まだ降りたくない』と言わんばかりに手を払いのけられ、今度は

「バイク、バイク」

と、壁にかけてある自転車を指差してます。

まあ、まだお昼まで時間もあるし、

「じゃあ、アタッチメントをつけるからちょっと待っててね。」

と、あー坊をトレーラーに残したまま、夫の自転車についているアタッチメントを私の自転車につけかえて、トレーラーもジョガー用の車輪をはずして自転車用アタッチメントをつけて、出発進行です。

バイクトレイルから隣の住宅街を抜けて、20分くらいのサイクリングをして帰ってきたらあー坊も満足したようで、今度はすんなりと降りてくれました。

そしてしばらくリビングに敷いてある万年床でごろごろした後、お昼にしました。

メニューは具沢山お味噌汁にトマトの中華風卵とじ、納豆とご飯です。

今日は珍しく食欲があったようで、

「ねぇば、ねぇば、ねぇば、」(納豆を食べる時こう言うのです)

と言いながら結構沢山食べてくれました。

そして夕食後、自転車につけるトレーラーのアタッチメントをもうひとつ買いにスポーツ用品店へ行きました。夫と私の自転車にそれぞれつけておいた方が、いちいちつけかえなくてもよいので便利だからです。

悔しいことに、最後のひとつが1時間前に売り切れてしまったということで買えなかったのですが、あー坊は売り場にある自転車やバイクトレーラー、ジョガーを見て大喜び。

「のる?」

「ゲッイン、ゲッイン」(Get in)

と、乗りたがってました。

私が

「お店のだからね、見るだけね。」

と言うと諦めてくれたのでほっ。

他の商品なども触りたがったのですが、

「商品だから、見るだけだよ」

と言うと大人しく聞いてくれました。

お店であちこち歩き回って楽しんでいたようなので、帰る時カーシートに乗せる時泣くかなぁ・・とちょっと心配してたのですが、これもすんなりと乗ってくれて大助かり。

ちょっと前までは自分の思い通りにいかないと大泣きしてたあー坊が、ずいぶんとお兄ちゃんになったものです。

おかげで外出がだいぶ楽になってきました。

さて、話は変わって。

先日、絵本のストーリーにある文章を言ってると書いたのですが、最近ではその絵本のストーリーを暗唱しているんです。

イラストもすごく気に入っているみたいで、今一番のお気に入りの絵本のようです。

『おつきさまこんばんは』 林明子著/福音館書店


福音館書店の本は内容も装丁もとても質がよくて、どの絵本もおすすめです。

興味のある方はぜひ。。


テーマ:★★1歳児の日常★★
ジャンル:育児
コメント
この記事へのコメント
そういえば
納豆って、あみさんが手作りされてるんですか?それともそちらで普通に売ってる??どちらにしても驚きです。
絵本、日本語でも読んであげてるんですね。そしてそれを暗唱してるとはすごいですね。このままパーフェクトなバイリンガルに育っていくことが出来たら、ああー、なんて羨ましい!!
2008/08/06(Wed) 07:32 | URL  | 散歩道 #AE0VIJeI[ 編集]
★お返事です★
●散歩道さん

納豆、最近は時間がとれなくて作れないのでアジアンスーパーマーケットから買ってきてます。全部冷凍なのですが、種類はかなり豊富です。
絵本は、日本語のものが多いかな。暗唱してたのは私もちょっと驚きました。幼児の脳って、何でもすぐに吸収して、私もうらやましいです~~
2008/08/08(Fri) 22:53 | URL  | あみ #vXefid6w[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。