2006年9月に高齢初産で男の子を出産しました。 ぼちぼちと育児日記を綴っています。2008年1月と2月は絵日記もちょこっと。
再びERへ
2010年06月26日 (土) | 編集 |
【15日目】

・抗生物質(今日から変更)・・Ciprofloxacin HCL 500mgX2錠/日


昨日ERへ行くことになってから、息子は知人に預かってもらえることになりました。

息子と同じ年の子を含めた子供が二人いて、よく遊びに行っていたので心配ではありましたが、本当にほっとしました。

正直言って、このときは本当に入院したくて・・

昼夜を問わずに繰り返し起こる激しい症状、そして2週間近くあまり食べていなかったこと、さらに抗生物質を飲み始めてからは水も喉を通らなかったこと、などで、とにかく点滴だけでもしてほしかった。

でも、アメリカの医療システムって、難しいんですよね。

プライマリー・ケアと呼ばれる担当医のところは、簡単な血液検査や尿検査はしてくれるけど、点滴はしてもらえないんです。

で、どうするかというと、いちいちERへ行って、何時間も待たされて、また一から状況説明をして(それも受付と看護婦と2度)、やっと点滴がしてもらえる(かも)という感じで、非常に面倒なんです。

しかも、そのたびに度重なる医療費・・(うちは、割といい保険を買っているのですが、ERの診療は訪問の都度100ドル、プラス治療費)

もう、いっそのこと入院して2日くらい点滴して欲しい・・と、いくら患者が訴えても、どういう仕組みで駄目なのか分かりませんが、ERへ行けの一点張りで、入院させてもらえないんです。

そのことも、不安のひとつになっていました。

特に夫は、こんな瀕死の状態の私を家で看ることに大きな不安を感じていたようです。

さて、前日抗生物質を変えて、この日はもう家で一歩も動けずに寝ていました。

そして夜中、また激しい痛みと吐き気が襲ってきたのです。

心配して日本から国際電話をかけてきた姉夫婦に、

「今すぐにERへ行って」

と強く言われ、・・・私は本当は行きたくなかったのですが(また昨日と同じことの繰り返しだと分かっていたので)、夫に連れられて再び深夜ERへ。

今度は、若干家の近くのERへ行ってみました。

ところが、これが失敗で、そこでは何時間待ちになるか分からないと言われ、待合室にベッドを用意してもらったのですが、一時間以上待たされてもまだベッドが空く見込みがないという状況でした。

「昨日行ったERの待ち時間を確認してみたら」、との受付のアドバイスで、電話してみたところ、今のところ待合室には誰もいないということで、結局同じ病院へ行くことになりました。

この時点で多分夜中2時頃だったと思います。

もう、疲れたのと眠いのでどうでもいい・・家に帰りたい・・と思いながら、車に揺られてぼーっとしていました。

こちらのERはなぜか空いていて、すぐに空きベッドに連れていかれました。

そして、再び1から状況説明・・・なんとかしてください、このシステム。

で、この日も結局、水分補給の点滴と吐き気を抑える薬だけでした。

ひとつだけ失敗だったのが、受付で痛みのレベルを聞かれたときに、昨日の教訓を生かして5くらい、と言ってしまったこと。

このせいで、痛み止めにモルヒネを打たれてしまったのです。

ぱっと見もかなりの量のモルヒネだったのですが、点滴に入れられたとたんに、まず頭から首にかけての筋肉がきゅーっと収縮して痛くなり、次第に全身がひきつるような痛さが走ったのです。

「・・あの、すごく頭とか痛いんですが・・大丈夫でしょうか・・?」

と聞いても、すぐに楽になるから大丈夫、と、しれっと言われて。

後で、モルヒネで心筋梗塞になる人もいると聞いて、ぞっとしました。

モルヒネのせいか、そのあと2時間くらいだったのか、うとうとしていると、看護婦さんがやってきました。

そして言われたのが、

「昨日処方した抗生物質は効かなかったみたいなので、もう一度最初の抗生物質に戻して様子を見てみましょう」

ということでした。

でも、最初の抗生物質で症状が見る見る悪化したこと、便の検査では細菌は検出されなかったのに、なぜまだ抗生物質を飲まないといけないのか、など、夫が聞いて話し合いをしている間、とりあえず抗生物質はストップして様子を見る、ということになったようです。

夫よ、ありがとう。

そして、夫がなんとかここに一日でいいから入院させてもらえないか、とお願いしたのですが、やっぱり無理でした。

ドクターの話によると、私は血液検査も正常だし(はっきりした数値を見せられていないので、どう正常なのかは分かりませんが)、もう今にも死ぬ、というくらいの患者じゃないと入院させることは出来ない、また何かあったらERに来い、ということらしいです。

夫は、昨日あんな状態で家に帰すこと自体がそもそも間違いだったんじゃないか、こんな瀕死の妻を家に連れて帰る自信がない、と、責任者を呼んでかなりの勢いで迫ったらしいです。

私はモルヒネでへろへろだったのであまり覚えていませんが・・

とにかく、入院は死ぬ直前くらい悪くないとさせてもらえない、ということで、また自宅へと戻ることになりました。

病院を出るときはもう明るくなっていて、朝の7時半でした。

結局、ほとんど睡眠もとれず、疲れに行っただけのようなものでした。

もう、どんなにきつくても(きつければきついほど)ERにだけは行きたくない・・と思った日です。
テーマ:海外生活
ジャンル:海外情報
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可