FC2ブログ
2006年9月に高齢初産で男の子を出産しました。 ぼちぼちと育児日記を綴っています。2008年1月と2月は絵日記もちょこっと。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今ここに集中
2018年10月23日 (火) | 編集 |
今朝の息子との会話。

息子: 今日水泳やだ。水泳まであと7時間。嫌だ~。

私: うん、今日一日中嫌だ嫌だって水泳の事心配してるのもやじゃない?今目の前にある事に集中して、水泳の事は7時間後に心配すればいいよ。まあ水泳が始まったら泳ぐことに一生懸命だから心配する閑もないよきっと。

息子: うん・・

私: 今やってる事にいつも集中してたらいいよ。やってる時は忙しくて心配する暇もないでしょ?ほ~ら、いつもそうやってたら、心配する事なんてな~んにもないね!⌒☆; (ゝ∀・*)

とかなんとか言いながら、じゃあ学校で楽しい事みつけたら教えてね!と送り出しました。


~・~・~・~・~
自分がそうだったから、不安に感じるその気持ちはすごくよく分かるのですよ。

私は13歳~30歳位まで、暗くて先の見えないトンネルにいるような感じだったのですが、今にして思えば、あれは『今ここ』がなかったから。

不安の正体は、過去や未来を思い煩うこと。

常に今ここ、目の前にあるものやことに集中していれば、その真っ只中にある間はただ生きるという現実しかなくて、不安はなくなってしまいます。

自分でそういうカラクリに気付くのに何十年もかかってしまいましたが、ちょっと視点を『今ここ』に移すだけで生きるのが断然楽しくなりますね。今、ほんとに怖いものが何もないです。その真っ只中にきたらその時対応すればいいやって感じです。

実感としてそういう心境に至るための体験も必要だと思うので、今すぐには理解してもらえないかもしれないけど、そういう事を知識として持っておくと、将来それが自分の体験とつながって自分なりの答えを見つけるかなーと思って息子には事あるごとにそんな話をしています。遺言みたいなもんです。

息子が心配する事が好きという選択をするのであれば、それはそれでいいです。自分なりの考えは息子に任せます。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。