2006年9月に高齢初産で男の子を出産しました。 ぼちぼちと育児日記を綴っています。2008年1月と2月は絵日記もちょこっと。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20週目検診
2006年04月13日 (木) | 編集 |
【20w0d】

昨日は20週目検診でした。
この検診は超音波検査で胎児の脳/内蔵/骨などの発達や、胎盤異常、臍帯異常などがないかを詳しく調べる節目の検査。

超音波技師さんが、画面を見ながらひとつひとつ説明してくれました。

・胎児は脳も内蔵も全て正常。
・横隔膜もしっかり出来ている。
・脊椎、手足、肋骨などの骨も正常。
・胎盤の位置は正常。
・臍帯もしっかり3本の血管がより合わさっていて良好そのもの。
・羊水の量もちょうどよい。
・子宮頚管の長さもよく、しっかりと閉じられている。

以上が大雑把なまとめで、異常は見られないということでした。

覚えているポイントを少しあげると、まずダウンシンドロームの疑いは、頭部の後ろの厚み(初期検診では『液体』の厚みを見ますが、今回は実際の厚みを見るそう)で推測するそうです。
それから、鼻骨が異常に短い、または未発達のときは疑わしいということ。こちらはアジア人はもともと鼻が低いので初期スクリーニングテストの時もあんまり重視してなかったみたいだけど、今回はしっかり鼻筋も通っていて長さもクリアV
あと、肝臓が大きすぎる(6ミリ以上)と疑わしい、ということでしたが、うちの子は1.6ミリで正常でした。

二分脊椎症は、頭蓋骨がちゃんとできているかということと脊椎が正常にできているかで判断するそう。

遺伝子異常を見つけるのは、初期スクリーニングテストや血液検査でもやはり確実ではないということで、20週目検診での超音波でも二重にチェックするそうな。何でも100%予想というのはないのですね。

この時は赤ちゃんが羊水を飲んでいたみたいで、たまった胃と膀胱もちゃんと確認♪その数分後にはおしっこまでしたらしく、膀胱が見えなくなっていました。

それにしても、相変わらず超音波で見るとよく動いてます。ぐるんぐるん回って、
「この子はローラーね~」
なんて言われちゃいました。

あと、かわいかったのがしゃっくりをしたり、あくびをして小さな舌が動いてるのが見えたとこ。う~ん、何してもかわいい♪ってかんじで親馬鹿全開です(^-^;)



(ちょっとピンボケですが・・背骨や肋骨がちゃんとできてるのがみえました)

19w6d時点での我が子のサイズは、以下のとおりです。

BPD ( Biparietal diameter/児頭大横径 )
 ・・・45.6mm/19w6d±1w5d

OFD ( 児頭前後径 )
 ・・・61.1mm

HC ( Head circumference/頭周囲 )
 ・・・170mm/19w4d±1w4d

AC ( Abdominal circumference/躯幹周囲長 )
 ・・・160mm/21w1d±2w1d

FL ( Femoral length/大腿骨長 )
 ・・・31.5mm/19w6d±1w6d

右側の19w6d±1w5dとかの部分は、イギリスの平均データなので気にしなくてもよいと言われました。アメリカの平均データと比較してもらったら、55%、平均どおりということ。
・・ってことは、日本人母にとってはちょっと大きい胎児ってことか??日本のデータを知らないのでよく分からないけど。あんまり巨大児だと出すのに苦労しそう(汗

14週を過ぎるとCRLは測らないということで、ACから算出してもらったCRL予想が16センチ。てことは、足も含めた身長は22センチくらいになるのかな??おぉ、もう手のひらに収まりきれないくらいになってるのね。感動重さは約350グラムということでした。

ところで、以前からたびたび「あんまり胎動がはっきりしない」と思っていた理由も分かりました。

胎盤の位置が、お腹側上部にあったのです。この位置に胎盤がある人は胎盤がクッションになって胎動を感じにくいそう。(あと、私みたいにスペアタイヤのある人もたぶん・・)

で、おとといあたりから急に、お腹の中で何かがぐるんぐるん動いているのが分かるようになりました。お腹の前あたりじゃなくって、下とか横あたりで、かすかに・・というよりも大きくうねるような感じ。特に夜中になると活発になるようです。これからますます大きくなって、どんどこ蹴ったりしてくるんだろうなあ。どうかお手柔らかに・・

次の検診は定期検診で、4週間後です。
安定期に入って以来、時間が過ぎるのがどんどん早まってきてる気がします。4週間なんてきっとあっという間なんだろうな~。今この時々で変化してゆく妊婦体験を楽しまなくっちゃ、と思うこの頃なのでした。
テーマ:マタニティライフ
ジャンル:育児
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。